公益財団法人鉄道弘済会 の先輩職員紹介
高野 麻衣子

“福祉の魅力を感じ取れる感性”を持てること

高野 麻衣子

2006年入社 明治学院大学 文学部卒

座右の銘は『常に学ぶ姿勢を持つこと

学生時代、長野スペシャルオリンピックスや高齢者施設でボランティアをしていたことをきっかけに、社会貢献度が高くそれを実感できるような仕事がしたいと思い、本法人の総合職採用に応募しました。現在は本部の社会福祉第一部で、保育施設の事務的支援や、研修の企画・実施を担当しています。
「福祉の仕事」というと、専門知識を持っていたほうが良いのでは?というイメージもあるかもしれませんが、鉄道弘済会で仕事をする上で大切なのは“福祉の魅力を感じ取れる感性”を持てることだと思っています。こうした感性は、経験を重ねることで育んでいけるものでもあり、私自身、仕事での様々な経験が、キャリアアップだけでなく、自分の人生をも豊かにしてくれていると実感しています。
「福祉の鉄道弘済会」で、一緒に働けることを楽しみにしています!

法人のココがおすすめ

福祉事業の運営に自分が関わっているという実感ができることが魅力だと感じます。職員同士の意見交換が活発なこともあり、指導職である補佐として、しっかりと自分の意見を周りに伝えつつ、それを聞いてくれる上司や部下、同僚にも恵まれているからこそできることだと思います。
保育施設の職員との意見交換についても、自分をより成長させてくれるものだと実感します。普段から、保育所や認定こども園といった保育施設へ会議や研修等のため足を運ぶことも多く、仕事を通じて、「人との縁」を感じられるこの仕事にやりがいを感じますし、こうしたコミュニケーションを通して、多様な視点が身に付きます。
また、私は以前、札幌南藻園(児童養護施設)に勤務していたこともあり、全国の従業員とのつながりを大切にしながら、遠方の同僚もそれぞれの職場で頑張っているということを励みに、日々の仕事に取り組んでいます。これは、全国規模の法人である鉄道弘済会ならではの仕事の魅力です。

エントリー

公益財団法人鉄道弘済会

エントリー

pagetop