株式会社日本ケアリンク の先輩職員紹介
小山 佑貴

「素の自分を見てくれた」

小山 佑貴

2015年入社 東洋学園大学 現代経営学部卒

座右の銘は『初心を忘れない

就活を始めたとき、まさか、介護職の道に進むとは思っていませんでした。
特にやりたいことを見つけ出せず、悩む日々が続きました。ある日、ふらっと就活イベントに立ち寄ったとき、偶然、日本ケアリンクと出会いました。利用者様とスタッフが一緒に料理をしている「いつもの日常」の写真を何枚か見ているうちに、祖母との思い出が蘇ってきました。実は、幼い頃から祖母と一緒に過ごすことが多く、将来「おばあちゃん孝行」がしたいという気持ちを思い出しました。また、もう1つきっかけがありました。それは、人事の方との出会いです。自分の気持ち丁寧に聞いてくれて何度か話しているうちに、自分のやりたいことがはっきり見えました。多くの学生がいるなかの一人の自分に寄り添って、「素の自分」を見てくれたことが入社する決め手となりました。

ある日の1日の仕事スケジュール

私は、有料老人ホーム「せらび恵比寿」に勤務しており、「利用者様のお誕生日は、願いを最大限叶える」ことに注力しています。ある利用者様の78歳の誕生日のエピソードをご紹介いたします。
自分の担当様ではありませんが、孫のように可愛がってくれる〇〇様がいらっしゃいました。ある日、担当スタッフから、「〇〇様の誕生日は、品川水族館を企画しているけど、一緒行けるかな?」と。突然の話に驚きをましたがすぐにOKしました。
【〇〇様との水族館デート】
13:00 施設を出発!
→ 車の中でウキウキな〇〇様
13:30 水族館に到着。
→ 手をつないでゆっくりと館内を散策。
→ ペンギンの行進では一緒に拍手で盛り上がりました。
14:30 水分補修も兼ねてカフェでゆっくりティータイム
→ ハーブティーがお好きだと知りました。新たな発見!
15:30 水族館を出発
→ 車内では話が尽きず。
16:00 施設に到着。
介護の仕事は、身体介助がメインに思われがちですが、願いを叶えることができる仕事でもあることに気が付きました。これからも、一番近くでお手伝いをしていきたいです。

エントリー

株式会社日本ケアリンク

エントリー

pagetop