社会福祉法人四幸舎和会 の先輩職員紹介
中山美緒

職員同士がつながっているなぁと感じます

中山美緒

2017年入社 桃山学院大学 社会福祉学部卒

座右の銘は『自分を大切に

私が障がいの分野で働きたいと考えたのは、大学の社会福祉実習で、障がい者施設に行き、興味を持ったことがきっかけでした。
”できない”ことを”できる”ように支援していく様子を見て、その楽しさを実感しました。
就職活動では、障がい者分野に絞りインターンシップに参加しました。そこで出会ったのが四幸舎和会です。1日だけの体験でしたが、職場の明るさや利用者一人ひとりに合わせた支援そして、自閉症に注力した支援にすごく魅力を感じ、ここで働きたいと思うようになりました。その魅力は今でも変わっていません。
支援に対する悩みや不安は、日々絶えません。ですが、それを聞いてアドバイスをくれる先輩や上司がいてくれるので、頑張っていこうと思えます。小さな法人ですが、職員同士がしっかりつながっている職場です。

法人のココがおすすめ

法人の特徴の一つにも挙げられている、「休日がしっかりあり、休みが取りやすい」ところです。
入社1年目の私も、希望休を使って友達と予定を合わせてご飯に行ったり、連休を取ってプチ旅行やライブに行ったりしていました。連続で休みを取っても、「楽しんでおいで」と快く言ってくれます。休み明けに出勤すると「楽しかった?」と聞いてきてくれたりします。
また、私は一人暮らしをしているので、上司から「実家帰ってる?」と気にかけてくれ、帰省するときは快く連休を入れてくれます。私以外にも一人暮らしの職員がいるため、すごく有難いことだと思います。
そして、体調不良による急な休みや早退にも理解があり、「休んでいいよ」「今日はもう帰り」と言ってくれます。自分が現場から抜けても、職員みんなが大丈夫なようにフォローしてくれます。
四幸舎和会は、自分の時間を持つことを大切にしてくれると思います。リフレッシュして自分に余裕をもつことで、良い支援にも繋がっていくからです。”自分を大切に”ができる法人で働けることが、すごくうれしいです。

エントリー

社会福祉法人四幸舎和会

エントリー

pagetop