社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団 の先輩職員紹介
橋本 将護

一生懸命してきたことを評価されるって幸せなことですよね?

橋本 将護

2012年入社 大阪千代田短期大学 総合コミュニケーション科卒

座右の銘は『今できることを全力で!!

元々は一般企業の正社員として採用が決まっていました。しかし、短大の卒業間際に私が現在働いている大阪府障害者福祉事業団と短大のコラボ企画があり、講座に参加したことがきっかけで私は障がい者関係の仕事で働いています。
なぜ私が一般企業の正社員を辞めて、今ここで働いているのか…
〝評価“をしてくれる人が居たからです。コラボ企画の中で、私は学生時代に取り組んできたことを評価してもらいました。学生の時は、〝評価をされる”ことは少なくないですか?逆に注意されることが多くないですか?私だけですかね?(笑)
学生時代には経験することができなかった、〝頑張れば評価をされる“経験をできたのがこの大阪府障害者福祉事業団です。
あなたが今まで一生懸命してきたことをここで評価してもらいませんか?
私たちと一緒に働きましょう!!

この仕事やっててよかったと思う瞬間

私の仕事は、働きたいという思いを持った障がいのある方の支援です。具体的には企業で働きたいと思う方などが働き続けるためスキルを修得できるよう支援します。最近は、発達障がいや精神障がい、高次脳機能障がい、難病…と様々な方と接する機会が増えました。
勉強しても分からないことだらけです。全くスキルが追いつきません。
ですが、この仕事(私の職種は就労移行支援)の素晴らしいところは上司だけに留まらず関係機関(利用者をサポートする応援団)の方に話を聞くことが出来る事です。
一つの施設で一人の方のサポートは出来ません。関係機関=応援団をたくさん作ることで、それぞれの機関の役割分担を決めていき、その方に合わせたサポートをしていきます。
もちろん一人で悩むこともあります。悩む時間も必要です。ですが、本当に困った時は関係機関に連絡してSOSを出すことができます。一緒になって真剣に考えてくれます。
また、悩みを共有し、必要に応じてアドバイスをしてくれます。一人で悩まず、周りと一緒にサポートができることは私にとって〝この仕事をやっててよかったなぁ…“と思う瞬間です。

エントリー

社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団

エントリー

pagetop