社会福祉法人ぬくもり の先輩職員紹介
矢野 皓気

誰もが自分らしく生きられる社会を目指す!その熱意に惹かれた!

矢野 皓気

2014年入社 近畿大学 法学部卒

座右の銘は『あらゆる可能性をあきらめず、信じきる

福祉を何も知らなかった自分。漠然としたイメージの中で出会ったのが、ぬくもりでした。この出会いは、知識と経験を与えてくれるだけでなく、人として大切なことや自分自身を知り、変えるきっかけをくれました。温かい雰囲気と熱い思いを持っている人たちの中で、自分らしく働ける場所だと思えました。
現場の仕事は、良いことばかりではなく、悩みやもどかしさを感じることもあります。でもその中で、研修等を通して、大切な思いを常に確認し、立ち戻るきっかけを与えてくれます。また、皆で共有し、考え乗り越えられるチーム支援。それは、時には部署間をも越えて協力し、連携していけることもこの職場の強みです。
課題もありますが、「本人主体」という信念のもと、考えることをやめない職場だからこそ、やりがいを持って働くことができています。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

初めての対人支援でどうやってコミュニケーションを取ればいいのか分からない中で、最初は正直、自分には向いていないと思っていました。そんな中、寄り添う中でほんの些細な出来事で初めてお互いの意思がつながったような感覚を経験しました。障がいが為に言葉等での意思疎通が難しい中で、表出してくれている表情や動作とこちらが投げかけたことが通じたかのように、今まで見せてくれなかった笑顔でこちらを向いてくれたこと。そんな単純で何気ない瞬間、今までにない人としての温かみ、嬉しさを感じました。それは、同時に初めて同じ目線で心を通わすことができたと思う実感でした。その時から、自分の考え、価値観が変わり始めたと思います。彼らの自分らしさをサポートしたい、一緒に考えていきたいと。あの出会いが今でも自分の原動力になっています。

エントリー

社会福祉法人ぬくもり

エントリー

pagetop