社会福祉法人ぬくもり の先輩職員紹介
坂口 綾

私が魅力を伝える人になる!と思い福祉の世界へ

坂口 綾

2016年入社 岡山県立大学 保健福祉学部卒

座右の銘は『福祉のイメージを180度変える

学生の頃福祉を学んでいましたが、イメージはあまり良いものではなかったです。しかし、実習に行った時に出会った利用者さんが、毎日必死に生活している姿に言葉では表せられない思いをしました。それと同時に、この人たち頑張っている姿を世の中の人が知らないということに違和感を感じ、よし!私が利用者さんのことを広める人になろう!と思ったのが福祉業界に進むきっかけでした。
実際に、入社してみて、やはり私があの時感じたものは確実に自分の仕事の原動力となっていることを確信しています。そして今、福祉に魅了されたこの体験を、まだ感じたことがない人に伝えたい!という思いを持ち続けたことで、関西の法人の若手スタッフと集まり魅力発信研修を開くことができました!
学生の頃に感じていた想いを着実にかなえることができている日々です!

法人のココがおすすめ

いざ、就職活動をし始めた時、自分の中でぶれなかった軸は、利用者さんに良い支援をしてくためにも、必ずそこで働くスタッフを大切にしてくれる職場というものでした。そこで出会ったのがぬくもりです。法人の話を聞いていく中で、感謝の朝礼・昼礼やスタッフのお互いの良いところを話したりと、風通しの良い職場を作るオリジナルの仕組みがあることに感動しました(ほかには、誕生日をお祝いしたり、給与の明細と一緒にスタッフからの手紙が入っていたりします☆)。実際に入社してみると、このオリジナルの取り組みがいかに大切かを身に染みて感じる日々です。支援には正解はありません。支援をしていく中で、だれでもぶつかる壁ですし、何度もぶち当たる壁です。それを個人で抱え込んだとたんしんどくなります。そうではなく、チームで共有し、チームで乗り越えていく。あの乗り越えられた瞬間がこの仕事を続けている魅力だと思います。そのため仕組みなのです。感謝を伝え合ったり、スタッフの良い所を伝えたりと些細なことのように感じますが、毎日・毎月するこのオリジナルの取り組み私たちの仕事を支えてくれているいます☆

エントリー

社会福祉法人ぬくもり

エントリー

pagetop