フクシのリアル
一覧を見る

イベント・セミナー 2016.02.01更新

[参加学生募集]パラリンピック競技を体験!現役選手とLet’sボッチャ!!

スライド1

3月5日(土)、港区赤坂にある日本財団パラリンピックサポートセンター(https://www.parasapo.tokyo/ )にてパラリンピック競技「ボッチャ」の現役選手をお呼びして、実際の競技を体験するイベントを行います。

 

センター内でパラリンピックについてのお話を聞き、活躍中の選手の方と一緒にスポーツが体験できる貴重な機会です。「パラリンピックのことをもっと知りたい!」「障がい者スポーツに興味はあるけど、どう関わったらいいの?」「健常者もプレイヤーになっていいの?」という方、ぜひお越しください!

 

<ボッチャって?>
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

 

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

 

障がいによりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。 競技は男女の区別なくのクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。
-日本ボッチャ協会HPより (http://www.japan-boccia.net

 

こんなひとにおすすめ

・福祉や介護の業界研究をしたい!
・障がい者スポーツを体験してみたい!
・ボッチャがどんなスポーツか気になる。
・パラリンピックのことを知りたい!

 

イベント概要

 

【開催日時】 2016年3月5日(土)14時〜16時(13時30分開場)
【対象】 福祉に興味がある学生
 ※就活の一環として、福祉の業界研究にご活用ください。
【定員】20名(先着順)
【プログラム(仮)】
14:00- パラリンピックサポートセンターとボッチャの説明
14:30- ボッチャ体験
16:00- 解散
【参加費】 無料
【会場】  日本財団(http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/
【アクセス】 東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」各駅から徒歩5分

申し込み

【申込方法】申込みフォームからお申し込みください。
【申込期限】2月29日(月)

 

ここまで読んでくださった皆さん、福祉・介護の業界研究に、ボッチャというスポーツを体験しながら、パラリンピックの勉強をしてみませんか。 ぜひ一緒にボッチャをプレーしましょう!会場でお待ちしています!

申込フォーム

お問い合わせ先

一般社団法人FACE to FUKUSHI 事務局

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第一ビル6階103号室
電話:06-4799-0108
E-mail:fair@f2f.or.jp
WEBサイト:http://www.f2f.or.jp

pagetop