フクシのリアル
一覧を見る

イベント・セミナー 2016.05.06更新

[イベント情報]福祉人材戦略フォーラム

keyvisual_forum

これからの「福祉人材」の話をしよう。

 

これから、社会課題はますます多様化・複雑化していきます。地域包括ケアシステムや総合的な福祉サービスの提供のように、社会の変化とともに、我々支援の担い手に求められる役割も変わってくることとなります。福祉人材に関する、政策の動向から、現場での実例共有まで。福祉人材を集め、育てるために必要な知識・視点を得るヒントがたくさん詰まった全国版フォーラムです。

イベントサイトは→http://f2f.or.jp/forum201607/

【日 時】
2016年7月2日(土) 11:30〜17:30(懇親会は18:30〜)

【会 場】
ベルサール泉ガーデンギャラリー(東京都港区六本木1-5-2)
※懇親会は日本財団ビル8階(東京都港区赤坂1-2-2)

【プログラム・ゲスト】
11:30-11:45オープニング

11:45-13:00基調鼎談
「福祉を再考する。〜熊本地震の支援現場から、福祉の魅力を考える〜」
 飯田 大輔[社会福祉法人福祉楽団 常務理事/株式会社恋する豚研究所 代表取締役]
 田島 光浩[社会福祉法人南高愛隣会 理事長]
 枡谷 礼路[NPO法人み・らいず理事]

13:10-14:05シンポジウム1
「人材確保最前線 〜若者が集まる福祉を描く〜」
 岡 勇樹[NPO法人Ubdobe 代表理事]
 片桐 一彦[社会福祉法人海士町社会福祉協議会 事務局長]
 川本 健太郎[立正大学社会福祉学部専任講師]
 

14:10-15:05シンポジウム2
「社会起業家から見る人材確保戦略
 〜昔のやり方はもう古い。これからの人材確保戦略とは。〜」
 高橋 由佳[認定NPO法人Switch理事長]
 河内 崇典[NPO法人み・らいず代表理事/一般社団法人FACE to FUKUSHI共同代表]
 鈴木 敦子[NPO法人ETIC.理事 兼 事務局長]

15:10-16:05シンポジウム3
「社会福祉法人が生き抜くための人材確保戦略
 〜これまでの地域福祉を作り上げてきた社会福祉法人が発展すれば未来は明るい〜」
 林 晃弘[社会福祉法人フラット理事長]
 在田 創一[社会福祉法人福祉楽団 杜の家なりた施設長/人事部採用プロジェクト担当]
 沢渡 一登[日本財団ソーシャルイノベーション本部国内事業開発チームリーダー]

16:15-17:15パネルディスカッション
「これからの福祉とこれからの福祉人材
 〜それぞれの専門分野から考える〜」
 湯浅 誠[社会活動家/法政大学現代福祉学部教授]
 大原 裕介[社会福祉法人ゆうゆう理事長/一般社団法人FACE to FUKUSHI共同代表]

17:15-17:25クロージングセッション
本日の議論のまとめを、Face to FUKUSHIの共同代表で行います。

17:25-17:30講評
※プログラムの詳細は、http://f2f.or.jp/forum201607/ で公開しています。

【参加費】
2,000円(学生は無料)
※懇親会は別途4,000円(学生は2,000円)

【対 象】
行政、社会福祉協議会の人材担当者、福祉法人の経営者・人事担当者で、福祉人材確保に関して興味関心のある方
その他、福祉に興味関心のある方ならどなたでも

【定 員】
300名(意見交換会は100名)
※先着順。申込締切は6月17日(金)
※定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

【申込】
http://f2f.or.jp/forum201607/entry.html
からお申し込みください。

主 催:一般社団法人FACE to FUKUSHI
助 成:公益財団法人日本財団

pagetop