社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会

輝いてる人がいる。輝かせる人がいる。社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会

「社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会」は、障がいのある方が地域で普通に暮らせる共生社会の実現を目指し、北九州市全域を3つのエリアに分けて拠点を置き、多様な事業を総合的に展開。毎日、およそ1,000人の利用者に向けて、職員約440人で一人ひとりのニーズに沿った支援を提供しています。
「輝いてる人」と「輝かせる人」は、固定的なものではありません。利用者を支えていると思っている職員が、実は支えられていたということも多々あります。ともに成長し、自己実現していける福祉を実現していきたいですね!

2016.06.22掲載

  • 募集終了
  • 九州
  • 2017卒エントリー
  • 障害者

社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会

OFFICIAL SITE

ここに注目!

kitakyu02-2

①多様なサービスで北九州市全域を総合的にカバー

北九州市内で33ヶ所の事業所と44ヶ所のグループホームを持つ「社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会」。門司区・小倉南区の東部エリア、小倉北区・戸畑区・八幡東区の中部エリア、八幡西区・若松区の西部エリアの3つのエリアに分かれて、グループホーム支援、ホームヘルパー派遣、ショートステイ等の地域生活を支える「障害者サポートセンター」を設置。地域に偏りを持たせないことで、障がいのある方がどこに住んでいても、住まいの近くで支援を受けることができます。

kitakyu03

② 職員が長く快適に働けるよう、福利厚生を充実

利用者と職員は「法人の宝」。職員が快適に働けないと、利用者へのサービス向上につながりません。そこで充実した福利厚生を用意して、職員の頑張りを応援。例えば、リフレッシュ休暇は10年以上の勤務で5日、20年以上になると7日+10万円相当の旅行券を支給します。また育休中は雇用保険の給付の他に独自に給与も補償します。産休・育休制度取得率と職場復帰率ともに100%!さらに通勤手当、家族手当、住宅手当等の各種手当も完備しています。

経営者からのメッセージ

障がいのある人が地域で普通に暮らせる社会へ

kitakyu04「社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会」理事長で福岡県立大学名誉教授、保健学博士でもある小松啓子さんにお話を伺いました。

「今は障がいのある方に対してさまざまなサービスがありますが、昔は学校を卒業しても就職先がなく、行き場がない時代がありました。

私たち「社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会」は、法人となり38年を迎えます。当初は特別支援学校を出た後の日中活動の場づくりから始まり、“親亡き後”の願いを実現する入所施設の建設、その後は“地域福祉”の流れに沿って、在宅生活や地域での暮らしを支援するサービスを整備していきました。
私は、平成26年度に当法人の理事長に就任しました。社会福祉学科のある公立大学の教員として多くの卒業生を送り出し、福祉の現場で働く卒業生のことをいつも考えてきました。福祉の近代化を進め、利用者と職員がともに成長していける職場にしていきたいと考えて、様々な改革に取り組んでいます。」

利用者のニーズに応える新たな施設を設立

kitakyu05「当法人の一部の事業所は北九州市の指定管理制度で運営されています。その指定管理施設は市内に13ヶ所ありましたが、うち5ヶ所は市から有償で譲渡を受けて、平成25年度より、古くなった施設の再整備事業(建替え)を行っています。

最初は、各エリアの拠点となる複合施設を建設していきました。そこには、地域生活支援の拠点にふさわしい総合的なサービスが提供できる体制を整え、相談支援や単独型ショートステイ事業など、在宅の方たちからのニーズの高い新規事業を盛り込んでいます。

また、今年3月には第5号となる“インクルきく”が完成。ここは、生活介護事業の単体事業所です。それまでのエリア拠点施設とは異なり、利用者が安心して過ごせるように木をふんだんに使い、“自分の家に帰ってきたような”温かくほっとできる家庭的な雰囲気が特長です。

このように、当法人では古くなった施設の建替えを進めており、利用者や地域のニーズに積極的に応えながら、事業の拡大を図っています。」

職場案内

多種多様な事業で幅広いサービスを提供

kitakyu06-2「社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会」が提供するサービスは、大きく分けて「日中活動系サービス」「居住系サービス」「居宅系サービス」の3つ。通所事業所では就労移行支援・就労継続支援・生活介護・自立訓練を、入所事業所では宿泊型自立支援・施設入所支援を、地域で生活する方にはグループホーム、ホームヘルパー派遣、ショートステイ、日中一時支援、児童を対象にした放課後デイサービスを行っています。また、相談事業として特定相談支援・一般相談支援・障害児相談支援の他、障害者就業・生活支援センター事業・障害者就労支援センター事業を行っています。

「一般企業に就職したい」「地域で自立した生活をしたい」「生活のサポートをしてほしい」など、障がいのある方は自分のニーズに合ったサービスをこれらから選ぶことができます。また、こうした幅広い事業を北九州市内全域で行うことで、障害者の方は育成会の複数の事業所から24時間365日、切れ目のないサービスを受けることができます。

充実の研修制度とキャリアアップ制度

kitakyu01北九州市手をつなぐ育成会の利用者数は1日約1,000人、職員は約440名(2016月6月時点)。利用者は知的障がい者が多く、その他身体障がい、精神障がいのある方、子どもから高齢者まで実にさまざまな方に利用いただいています。職員は通所支援、入所支援、地域生活支援、相談支援など多様な事業を通じてたくさんの方に接し、豊富な経験を積むことができます。

新任職員に対しては、福祉系の学校を卒業している人、そうでない人と個人の状況に応じた研修を用意。入職後はOJTリーダーがついて手厚く教育していきます。
また、職員には将来のありたい姿について「キャリアプラン」を考えてもらい、毎年面接を実施。育成会はそれを応援する形で育成方法や異動配置を考えていきます。

入職後は支援員やサービス管理責任者として経験を積みながら、ゆくゆくは総合職としての主任や施設長・事業所長、専門職としてのサービスアドバイザー等、それぞれに合ったキャリアアップを目指すことができます。

先輩社員紹介

自信を持って意見を出し合える職場です

kitakyu08
先輩社員1 石村 沙稀
2014年入社 北九州市立大学卒
ショートステイはるがおか 支援員

新卒で就職して3年目になる石村さん。事業拡大を図る中で今年の春に新しく開設した「ショートステイはるがおか」で勤務しています。

「将来は福祉関係の仕事に就きたいと思い、大学では福祉を専攻していました。学生時代に育成会の施設で1か月ほど実習したことがあり、そのときに“障がい者支援に携わりたい”と思って就職しました。現在は、今年4月に開設したばかりの「ショートステイはるがおか」に勤務しています。それまでは「ぱすてる東部(ホームヘルプ事業)」で、利用者の外出支援や家事援助、身体介護などを行っていました。職員は20代から60代までの幅広い年代の方がいますが、年齢関係なく意見交換ができるので、若手の私でも自信を持って働くことができます。

知的障がいのある方と接する中で、自分の言葉一つで良くも悪くもその人の行動が変わることを知りました。そこで、どう声をかけるのがベストか?を考えながら日々の仕事にあたっています。これからの目標は、社会福祉士の資格を取得すること。スキルアップして、さらに利用者の方と信頼関係を築いていきたいです。」

1日のスケジュール
  • 06:30

    出勤早出の場合はこの時間に出勤。それから朝食支援や日中作業の出発準備、バイタルチェックなどを行います。

  • 09:00

    午前日中活動の送迎者の引き継ぎの後は、事務所で利用者のお小遣い精算など事務仕事を行います。

  • 15:45

    午後業務終了。帰宅し、明日に備えます。

  • +α最近はランニングにハマっています。職場でマラソンをする人が多いので影響されました。

さまざまな経験を積めることが大きなメリット

kitakyu09先輩社員2 奥村 安德
2010年入社 福岡県立大学卒
インクル春ヶ丘 支援員、社会福祉士実習指導者

育成会の各事業所を異動しながら、現在は「インクル春ヶ丘」に勤務する奥村さん。就労移行支援事業で利用者の「働きたい」をサポートしています。

「大学で福祉を専攻していたときに、知人の紹介で当法人のグループホームのアルバイトをしていました。その縁で就職し、「北九州ひまわりの里」、「きく工芸舎」、「本部事務局」勤務を経て、現在は「インクル春ヶ丘」の就労移行支援事業に勤務。一般企業への就職を目指す人に向けて、挨拶の練習や作業のサポート、体力トレーニングなど、働く準備の支援を行っています。ここでは、本人の『働きたい』という気持ちをいかに引き出せるかが支援のポイント。上から指示するのではなく、自分で考えて行動してもらえるようなサポートができるように日々支援を行っています。そうやって利用者の方が自分で意見が言えるようになった姿を見たときには、やりがいやこの仕事の醍醐味を感じます。当法人は規模が大きく、通所や生活支援など多様な事業でいろいろな仕事ができるのは大きなメリットだと思います。

将来は管理職になって人のマネジメントをすることを目標に、これからもたくさんの経験を積みたいと思います。」

1日のスケジュール
  • 08:15

    出勤当日のスケジュール確認や準備を行います。8:50に、利用者と朝礼です。

  • 09:00

    午前1時間体力トレーニングを行い、それから作業支援をします。

  • 13:00

    午後お昼休憩後は、午前の作業支援の続きを行います。17:15に終了です。

  • +α休日はパパとして子どもと遊ぶことが多いです。

求める人物像

必要なものは、人のために何かをしたい心

kitakyu10-2当法人では、利用者による当事者活動にも力を入れています。最近では、障害者差別解消法の施行に合わせ、知的障がいのある本人が、障害の理解について一般市民の方向けに講義をする出前講演にも参加。自分たちのことを自分たちで決める経験をたくさん積み、自信を深めることでエンパワメントしていく姿を、職員は応援しています。

私たち法人の目的に共感し、努力を惜しまない人、責任感がある人、利用者によりよいサービスを提供するために自分を高めたい人、社会貢献活動に携わりたい人、チーム力を大切にできる人を求めています。

育成会には本当に様々な事業があるので、職員はその中でいろいろな事業に携わり、たくさんの経験を積んでほしいと思っています。利用者だけでなく、そのご家族の方ともより良い関係を築けるような努力も必要。「人のために何かしたい」と思う方の応募をお待ちしています!

採用情報

  • 求人情報
  • 法人情報
  • 募集職種/
    業務内容
    支援員(障害のある方への生活・就労支援など)
    勤務地 福岡県北九州市
    勤務時間 配属事業所により異なる
    原則、一ヶ月あたりの変形労働時間制
    休日休暇 公休年間約111日
    有給・特別休暇、リフレッシュ休暇(勤続10・20・30年)
    給与 月給191,000円(大学卒)、177,000円(短期大学・専門学校卒)(基本給) ※2016年新卒採用実績
    福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
    育児・介護休業制度、通勤手当、夜勤手当、資格手当
    採用予定人数 10名
    採用フロー 一次選考→二次選考
    担当者/連絡先 小川洋平・白石潤
     TEL:093-884-1500
     MAIL:j-shiraishi@kitaiku.com
  • 法人名 社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会
    法人住所 〒804-0064
    福岡県北九州市戸畑区沖台2-4-8 
    事業内容 日中活動系サービス
     就労移行支援事業、就労継続支援A型事業、就労継続支援B型事業、生活介護事業、自立訓練事業
    居住系サービス
     施設入所支援、宿泊型自立訓練事業、共同生活援助事業
    居宅系サービス
     ヘルパー派遣、短期入所事業、放課後等デイサービス事業
    Webサイト 法人WEBサイト http://www.kitaiku.com/
    採用WEBサイト https://job.rikunabi.com/2017/company/top/r642980013/

募集は終了しました。

pagetop