社会福祉法人武蔵野会

地域のニーズに応え、社会を変える。独自の取り組みに挑戦社会福祉法人武蔵野会

児童、高齢、障がいといった幅広い領域で事業を展開している武蔵野会。都内を中心とした25の施設を拠点に、利用者の支援と地域のニーズにあわせた事業に取り組みます。創設54年の歴史をもつ老舗の社会福祉法人だからこそできる質の高い支援と、専門性を活かした独自の取り組みで、社会に貢献。今後、さらなる施設の新設や多職種との連携を計画しており、若手職員にもチャレンジの機会がたくさんあります。未来の新事業を担える若者を募集します!

2017.02.22掲載

  • 募集中
  • 関東
  • 2018卒エントリー
  • 高齢者 障害者 児童・保育

社会福祉法人武蔵野会

OFFICIAL SITE

2018卒エントリー

ここに注目!

musasino02-2

①地域にいいこと、プラスワン!

武蔵野会では、地域に新しいサービスや価値をつくることを目指して「地域プラスONE」活動を行っています。触法障がい者の受け入れと地域定着支援、福祉施設でのHIV長期療養者の受入れ推進など、多様な社会貢献事業を実施。目の前の障がい者支援の充実だけでなく、制度の狭間で苦しむ方々へにも支援を幅を広げる武蔵野会独自の事業は、先進的な取り組みとして注目されています。

musasino03

② 幅広い分野でチャレンジできる!

障がい児・者施設を中心に、高齢者施設、養護施設など、多様な事業を展開している武蔵野会では、年齢、分野問わず幅広い支援に携わることが可能。障がい者支援員、児童養護施設児童指導員、保育士、事務員・・など多様な職員が働いています。新任の時に配属された施設・職種からの異動希望も取り入れる体制が整っているため、働きながらキャリアを描き、チャレンジしていくことができます。

経営者からのメッセージ

想いがそのまま反映される仕事

musasino04-2今回は、武蔵野会で法人本部長と理事を務める高橋信夫さんにお話を伺いました。証券会社や人材派遣会社などを経験してきたという高橋さん。なぜ、福祉の世界に携わるようになったのでしょうか。

「会社を退職した後、父と兄が教員だったこともあり教員への道を志すようになりました。小学校のキャンプの手伝いに行ったときに、障がい者の方に出会い、障がいとはなにかと考えるようになりました」。

そんな中で、武蔵野会と出会い働きはじめてから、約40年間福祉の世界に携わっています。「自分には向いていない」と感じたこともありながら、働き続けてきた理由を話していただきました。

「自分の想いが、そのまま反映される仕事です。その方の暮らしが、よりよくなるためにはどうするべきなのかを考え、試行錯誤してきました。どうしたらよりよい支援ができるようになるのかということに重きをおいています。自分が成長していかない限り支援は届かない。悩みながらもお互いの気持が通じた時に何にも代え難いやりがいを感じて、ここまで続けてきました」

生きにくさを抱える人の生活を支え、社会を変える使命がある

musasino05生きにくさを感じている方への支援に尽力してきた武蔵野会。今後もニーズに合わせた事業の新設、拡大を計画しています。

高橋さんは、「手が届いていない地域の課題がまだまだたくさんあります。法人だけで解決するのではなく、地域でネットワークを作るためのソーシャルワークをどこまで福祉施設で実現できるかがこれからの鍵だと思っていますので、法人としては職員の育成に力を入れ、職員が地域で福祉の核となる存在となることを目指していきたいと考えています」と今後の展望を話します。

具合的には、生きにくさを抱えた障がい者を支援する人や、施設の孤立を防ぐための総合的な支援体制づくり、生活困窮者やひきこもりの方を支援するための中間就労の試行、重い障害を抱えた方を支援するための医療分野との連携、それらを地域の中で行っていくための仕組みづくりやネットワークづくりに取り組んで行きます。

職場案内

地域のニーズにこたえ、必要な支援をする

musasino06東京都内を中心に、障がい児・者施設、高齢者施設、養護施設などを経営する武蔵野会。それぞれの施設を拠点に、児童発達支援センターやデイサービスなど、地域のニーズにあわせたさまざまな事業を展開しています。現在は25施設で81事業が行われています。

法や制度のはざまで苦しんでいる人々に支援を届けるために、採算が見込めない領域でもサービスを提供することで、新しい制度の創出を促すことにも取り組んでいます。多岐にわたる先駆的な活動は、全国の地域公益活動のガイドブックにも掲載されるほどです。

具体的には、地域向け武蔵野会セミナーの実施、HIV長期療養者の福祉施設利用促進、被災地支援のボランティアの継続、成年後見制度の推進、触法障がい者の地域定着支援など。

地域の課題に取り組む際には、目の前の対象者を受入れるだけではなく、人や社会を変えていくための仕組みづくり、体制づくり、調査・研究事業にも取り組んでいます。

理念を実践していくために。充実した社内研修

musasino07『自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ』。
この理念を実践するため、職種や配属先に応じた法人内研修が体系的に行われています。

職員が理念実践を語る「理念研修」には特に力を入れています。

「理念などを繰り返し話すだけではなく、考えること、それをきっかけに話し合うことが大事。それによって自分自身が変わって、支援が変わり、利用者さんも変わっていく。支援をするためには、お互いの成長が必要です」

利用者だけを変えようとすると、コントロールすることになってしまう。そうではなく、一緒にいてお互いが成長しあえる関係を結ぶことを目指しているといいます。

大量の鎮痛剤の摂取をやめられない利用者の方がいたときには、「お互い何かをやめよう!」と話し、職員自身も禁煙を実施すると、利用者さんも頑張ることができ、大量の鎮痛剤の摂取をやめることができたということもあったそうです。

法人内研修では、理事長がワールドカフェ形式で全職員と語り合うダイアログ研修を実施しています。理念や法人の将来の方向性について、経営層と一般職員が一緒に話せる場として大切にしています。

全職員が、理念を共有し、支援に向き合っていくための取り組みです。

先輩社員紹介

長く寄り添うことのできる就労継続支援の仕事をしています

musasino08-2
先輩社員1 増田 安朗
2015年入社 明星大学文学部福祉実践学科卒
リアン文京ぶんぶん(就労継続支援A,B型) 支援員

就労支援事業所「ぶんぶん」所属の増田さん。1年目の配属は施設1階にあるカフェ、そして2年目の現在は、福祉就労(B型)の方々と一緒に、作業や清掃の仕事をしています。

「昨年は現場が初めてだったので、覚えることだらけでした。ご利用者様との関わりも、就労支援の作業の仕事もまだまだ勉強中です。1年目はカフェの立ち上げがあったので、カフェの経営を軌道にのせるための工夫は試行錯誤の連続でした」

福祉の仕事に興味を持ったのは障がいのある家族が施設に通っていたから。施設に通う家族を見ていて、僕もご利用者様と長く寄り添っていける仕事をしたいと感じたことがきっかけだったそう。

「ご利用者様が本音を話して下さる瞬間がやりがいです。上手に声掛けできなくて伝わらない、と感じる時もありますが、施設長がすぐ傍にいて助言をくれたり、先輩は昔の事例を話してくれたりしてやアドバイスをくれるるので、とても働きやすいです」

1日のスケジュール
  • 08:30

    出勤まず、ご利用者様の飲み物の準備から始めます。

  • 09:00

    午前カフェの準備や補充作業をしたのち、館内のゴミ回収を行います。また、ご利用者様とともに、ダンボールをつぶす作業をします。

  • 12:00

    午後休憩時間は、ご利用者さまと一緒にお昼ごはんを食べたりします。その後、おはしの問屋さんへ、梱包のお仕事を手伝いに行きます。

  • 15:30

    夕方振り返り作業をして帰宅するご利用者をお見送りした後、個別の利用者記録や支援者のための書類作成を進めて1日を終えます。

  • プラスα帰宅後やお休みは比較的インドア派なので、テレビを見ながら昼間からゆるりとビールを飲んだり漫画を読んだりして寛いでいます。

複合型施設だから自分の引き出しが毎日増えていって楽しいです!

musasino09-2
先輩社員2 大滝 ひとみ
2015年入社 日本大学法学部管理行政学科卒業/東京福祉専門学校介護福祉科卒
リアン文京(障害者支援施設) 支援員

「リアン文京」で、知的障がいや重症心身障がいのある方の入所施設で、利用者様の1日を支えるお仕事に従事している大滝さん。

弾けるような笑顔で、「お仕事、充実していて楽しいです!」と話す大滝さんに入社動機や自分なりの考えを伺いました。

「もともと警察官になりたくて法学部で刑事政策の研究をしていたのですが、出所後のケアに関心をもって、卒業後、福祉の専門学校に行くことにしました。就活を始めて調べてみると、触法障がい者の出所後支援をしていることを話す法人はここだけだったので、見学をしてすぐに就職試験を受けることを決めました」。

「1年間、働いてきた中で、自分なりに理念を考えながら現場をみてみると、自分の隣人だけでなく、隣人の周りの隣人も含めて大事にする、というのが大切だなと感じるようになりました。自分にも自分を大事に思ってくれる家族や友人がいます。ご利用者様の家族や友人だったらどう感じるか?という視点をもってお仕事しています」

1日のスケジュール
  • 08:30

    出勤夜勤明け職員と引継ぎを済ませたら、通所施設を利用されている方の送り出しをします。

  • 10:00

    午前同じ建物内の生活介護に行かれる方を送り出しをしたら、ユニットには最少人数にし生活介護にヘルプにいきます。

  • 12:00

    午後ユニットに残っている人の食事準備を行い、1時間休憩をとった後、洗濯物の片付けなどの業務を行います。

  • 15:30

    夕方入浴準備後、通所施設から戻ってきたご利用者さまの受け入れ、通所中の様子が書かれた連絡帳をチェック。問題があれば医務とも連携しつつ対応を行います。ご利用者様とお茶などを飲んで一息ついた後、記録を書き、遅番の方に引き継ぎ、退勤します。

  • プラスα早番の日は、友人とご飯に行きます。また、休みの日はアウトドア派なのでBBQをしたり、お出掛けしていることが多いです

求める人物像

「いのち」の大切さは平等。対等に誰に対しても寄り添える人

musasino10-2本来、障がいの有無でいのちの重さに差はないはずです。そうしたいのちの大切さを感じられる人がこの仕事に向いていると思います。人が好きで、寄り添うことができる方、福祉の仕事を障がいをもった方を「指導する」「コントロールする」仕事と捉えるのではなく「共に成長する」という視点がある方です。障がいや、生きにくさを抱えている人を怖がったり排除するのではなく、その人も普通の人間だということがわかる方がいいと思います。

またご利用者様とはもちろん、職員同士でもコミュニケーションの力は重要になります。相手にあわせ、同じ目線に立って話すことができるかどうかも問われます。

とはいえ、最初から全部できる必要はありません。まずは福祉への興味や想いを持った人に飛び込んできてもらいたいです。

採用情報

  • 求人情報
  • 法人情報
  • 募集職種/
    業務内容
    支援員・介護職員・栄養士・事務員
    勤務地 東京都/八王子市・小平市・練馬区
        世田谷区・千代田区・文京区
        葛飾区・大島町
    静岡県/御殿場市他
    勤務時間

    【入所施設】
    変形労働時間制・週40時間以内
    ※武蔵野児童学園、練馬福祉園、さくら学園、小平福祉園、
     大島恵の園、第2大島恵の園、西水元あやめ園

    ≪シフト例≫
    7:00~15:15(休憩60分)
    12:15~20:30(休憩60分)
    16:40~翌9:00(休憩110分)
    8:45~翌9:15(休憩510分)※2施設のみ

    【通所施設】
    施設により異なる(実働約7.5時間)

    ≪シフト例≫
    勤務例8:30~17:00(休憩60分)他

    休日休暇 基本は4週7休
    年休(年次有給休暇) 初年度年間15日、7年目以降は25日。
    (夏3日冬5日の年休は計画付与)
    給与 2017年4月 初任給予定
    大学院了(月給:201,400円)
    大卒(月給:196,400円)
    短大、専門卒(月給:187,400円)
    福利厚生 厚生年金、社会保険、雇用保険、退職共済制度に加入。
    むさしの生活倶楽部(JTBえらべる倶楽部を含む武蔵野会福利厚生制度)に
    全員加入。(本人費用負担なし)
    資格取得等の通信教育等奨励。(関係資格取得毎に30,000円のお祝い金を支給)
    さくら学園、大島恵の園、第2大島恵の園は職員寮あり。(家賃月2~30,000円)
    採用予定人数 20名前後
    採用フロー 1.エントリー
      ↓
    2.法人説明会
      ↓
    3.一次選考(筆記試験・論文・適性検査・面接)
      ↓
    4.二次選考(最終役員面接)
      ↓
    5.内々定
    担当者/連絡先 津川 志帆
    042-623-8509 / siho-tugawa@musashinokai.jp
  • 法人名 社会福祉法人武蔵野会
    法人住所 〒193-0931
    東京都八王子市台町1-19-3
    事業内容 ・暮らす/生活支援事業
    ・働く/就労支援事業
    ・育む/通所・居場所支援事業
    ・描く/相談支援事業
    Webサイト

    法人WEBサイト http://www.musashinokai.jp/
    採用WEBサイト https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp93702/outline.html

2018卒エントリー

pagetop