先輩の体験談

<卒論テーマ、卒論関連の成功体験談> 「福祉の道に進むきっかけになった分野についての卒論執筆」

長崎純心大学 人文学部現代福祉学科(現:地域包括支援学科) 卒
しおりさん

私が福祉の道に進みたいと思ったきっかけが、高校生時代に新聞で読んだ、「累犯障がい者」についての連載でした。「障がいがあるのに必要な福祉サービスを受けられず、何度も犯罪に走ることとなってしまった」という人が
いるということに衝撃を受け、このことについてもっと知りたいと思いました。
ゼミの先生が、全国的にも有名な長崎県地域生活定着支援センター(以下、「長崎定着」)の所長と知り合いだったため、長崎定着の協力を得て、調査票作成から携わらせていただき、実際に長崎定着の支援を受けて地域で生活している方を対象に他計式の訪問面接調査、分析、解釈等を行いました。
学生時代にこのような本格的な社会調査に携わることができたことや、自分が入学前から関心のある分野について取り組めたということは大きな財産になりました。自分の興味関心のある分野について時間をかけて向き合えるのは卒論執筆がチャンスなので、後悔のないよう取り組んでください!

長崎純心大学卒 しおり さんの就職先

社会福祉法人南高愛隣会

「○○したい!」にバカまじめ

ポイント
1. ユニークな取り組み(制度外・自主事業)
2. 教育・研修制度が充実(キャリアパス)
3. いろんな事業を展開
  • 障害 児童・保育 医療 その他
長崎県

社会福祉法人南高愛隣会

OFFICIAL SITE

pagetop