先輩の体験談

<インターン先選び、インターン先での体験の失敗体験談> 「無知識で恥をかく」

近畿大学 卒
Tさん

インターン先選びは1day型のものを探し、興味ある業種に参加して回った。おかげで、短時間で、参加企業の事を知ることができ、よい経験となった。1day型のインターンは、グループワークがほとんど。商品開発等のグループワークが多く、楽しそうという思いだけで何社か参加した。興味があるだけで、全く知識のない企業にも参加した。しかし、必要最低限の知識をつけて参加しないと話についていけず、グループワークで1人話すことができず置いてきぼり状態になったり、参加企業のスタッフとの話にもついていけなくなったりした。グループワークでは司会や発表などいろんな役割をしたが、無知識では何も務まらず恥をかくだけの時もあった。参加するにあたり、無知識で行くのではなく、簡単に勉強して少しでも知識をつけて行くべきだと感じた。

近畿大学 の人の体験談をもっと読む

pagetop