社会福祉法人アゼリヤ会 の先輩職員紹介

明るい職員が多く、働きやすい雰囲気の職場です!

宮澤愛美

2016年入社 東洋大学(白山キャンパス) 社会学部卒

座右の銘は『切磋琢磨

大学で学ぶうち、障害者福祉と地域福祉に関心を持つようになりました。救護施設は名前しか知らなかったのですが、優仁ホームは施設入居者の生活支援だけでなく、障害者が地域で生活できるような支援にも力を入れているので、私のやりたい事と合っていて、とてもやりがいを感じています。
就職の決め手となったのは、就職説明会で説明してくれた職員が明るく丁寧に対応してくれた事でした。職場の雰囲気が伝わってくる感じだったのを覚えています。実際に就職してさらに感じることは、仕事のこともプライベートのことも相談しやすい先輩職員が多いこと。施設全体が明るい雰囲気で、とても働きやすい環境だと思います。

ある日の1日の仕事スケジュール

9:00 朝一番に入居者の様子の報告や一日の予定を確認。その後入居者の集会へ。一緒にラジオ体操し散歩に付添います。途中の何気ない会話に入居者の心身の調子を感じる、貴重なひと時です。
10:00 事務所で地域生活支援員として、地域で生活している元入居者から様々な内容の電話を受け、丁寧にお話を聴きます。福祉事務所や、家族・病院等への連絡調整もあります。その他外部からの電話や来客対応など、地域の窓口としての業務も行います。
11:30 食事支援の時間。配膳・盛り付けと食事の見守り、服薬支援です。安全に食事できるように見守り、服薬支援には、細心の注意をはらいます。
13:00 午前の仕事もひと段落して職員のお昼休憩の時間です。 
14:00 午後一番は地域で生活している元入居者の家を訪問。生活の状況(食事・清掃など)を観察しながら必要によってはアドバイスをします。訪問日でないときは、地域での暮らしを希望している方と、その担当職員とで目標などの話し合いをする事もあります。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop