社会福祉法人みずき福祉会 の先輩職員紹介

やっぱり雰囲気って大事だなと実感しましたね

小松 芳美

2018年入社 和泉短期大学 保育学科卒

座右の銘は『試行錯誤

私は就活を始めるのが皆より少し遅く、秋頃から始めました。夏までは保育士になりたくて保育園の見学やボランティアに行っていたのですが、実習を通して知的障がい者の支援員になりたいという気持ちがありました。支援員になりたく、色んな施設の見学会に行きました。学校の先生に就職先を迷っていると相談したところ「町田福祉園」というワードを色んな先生から聞き、そんなに良いところなら1度行ってみようと決めました。見学会に行ってみると、他の施設とは何か雰囲気が違い利用者様と職員が普段自分が友達と話をしているような雰囲気の仲良く笑い合っている姿がすぐに飛び込んできてとても驚きました。すぐに就職先を町田福祉園に決め就職することができました。就職してからは、利用者様ととても楽しく仕事をしています。

ある日の1日の仕事スケジュール

町田福祉園では、年に1度のお祭りである「みのり祭」があります。今年度、私はみのり祭の実行委員会に所属され委員としてお祭りの準備をしていました。みのり祭当日になり緊張や期待感を胸に出勤しました。そしてみのり祭が始まり様子を見に行くと、いつも以上に利用者様が賑やかに楽しまれたり初めて見るような笑顔で歌を歌ったりされている光景を見て、つい涙してしまいました。まだみのり祭は終わっていませんでしたが、今まで頑張って準備をして良かったとホッとしてしまいました。その日はとても忙しく常に走っている位ハードスケジュールでしたが、その分とても楽しく過ごせました。年に1度の大きなイベントも無事終了し、みのり祭が終わると園のスタッフのみんなで集まりお疲れ様会をしてまたまた盛り上がってしまいました。大変な1日でしたが、とてもいい思い出です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop