社会福祉法人みずき福祉会 の先輩職員紹介

「どこでも良いな」から「ここが良いな」へ

坪内 雅裕

2019年入社 日本社会事業大学 社会福祉学部卒

座右の銘は『「どこでも良いな」から「ここが良いな」へ

大学に在学中は放課後等デイサービスの支援員としてボランティアをしたり、社会福祉士の実習では就労継続支援B型・生活介護事業所に行かさせて頂いています。その様な4年間を過ごしそのころの私は正直に言いますと、就職をするのであれば障がい分野の仕事ならどこでも良いかなと思っていました。その様な折に就活イベントでたまたま出合ったのがみずき福祉会でした。最初は適当に見学している法人の一つでしたが、実際に見学をしたりお話を聞いていく中で利用者の方々一人一人はもちろんの事、法人で働くスタッフ一人一人も同じように大切な一人の人として考えている点に大きく惹かれ「ここが良いな」と思い面接を申し込んで今に至ります。

入ってみてわかったうれしい誤算

私は入職するにあたり、施設で暮らす皆さんや通って来られる皆さんの支援をするという事しか頭にありませんでした。しかし実際に仕事を始めるとそれだけではなく、配属された部署では地域との繋がりを考え、フリーマーケットや小学生の子どもたちを呼んで利用者の方々との交流を図る機会を作っていこうと、新たな事業を始めていく最中でした。その様な場面に立ち合せて利用者の方々の支援を考えていくだけでなく、どうしたらフリマにお客さんが来ていただけるのか等、直接的には利用者の方々に関係しないところまで考える機会が沢山あり、それらは勉強してきたことだけで対処しきれるものではなく、話し合いを重ね、何とか当日を無事に終える、その様な繰り返しです。一緒に振り返り、一緒に改善策を考えていくことをやっているととても充実感があり、みんなでひとつの事をより良いものにしていこうと考える経験が、自分をまた一つ成長させて頂いているのだと感じました。利用者支援でもやり方では同じですが、このような経験を通して支援を考える際の視野が広がり、色々な方向から間接的に利用者の方々に還元していく事ができるのだと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop