社会福祉法人希望の家 の先輩職員紹介

人と人とのつながりで、大きく成長ができる仕事です

玉利 奈沙

2010年入社 大阪人間科学大学 健康心理学科卒

座右の銘は『一生懸命

わたしの就職活動は苦労の連続でした。落ち込むこともあったが根気よく続けていく中、大学のキャリアセンターから「福祉の仕事をするなら希望の家!」と強くすすめられたのが志望するきっかけとなったのです。多くの卒業生が活躍している職場だと聞き、入社の理由のひとつとなりました。利用者さんの満足度を高めるために職員の介護福祉士の資格取得や音楽療法・音楽活動に力を入れているという点は音楽が好きなわたしにとって魅力的な職場だと感じました。就職活動は大変なことがたくさんあると思いますが、必ず自分にあった職場が見つかります。時には息抜きをしながらがんばって下さいね。

法人のココがおすすめ

初めての仕事に不安がたくさんだとは思いますが、希望の家には新人職員をマンツーマンできめ細やかなサポートする「チューター制度」を実施しています。私が新人の頃、先輩職員は自分の利用者さんに加えて私の担当利用者さんも同時に目を配りつつ指導をしてくださり、その頼もしい仕事ぶりは今でも判断に迷った時は参考にしています。3~4年目の先輩がつくことが多く、年が近いので一緒に過ごすうちに仕事の事だけでなくどんな悩みも相談できる私にとって頼れる存在となりました。初めての夜勤も心配事ばかりでしたが、先輩と2人1組になり手取り足取り指導してくださりました。先輩に教えて頂いたことは私の仕事の大きな基盤となり、チューターとなった今は後輩に学んだことのすべてを伝えていく事が私の今の使命だと思っています。後輩に仕事を教えることで学んだり気づいたりすることが多くあり、福祉職員としても社会人としても成長することができます。
初めての仕事は不安ばかりだとは思いますが、分からないことや気になることを先輩に聞いてみることや、仕事で失敗してしまうことは必ず自分の経験となるので先輩と共に安心して成長できる職場です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop