社会福祉法人あだちの里 の先輩職員紹介

あだちの里を選んだ理由

豊田 有理

2020年入社 日本社会事業大学 社会福祉学部社会福祉学科卒

もともと児童福祉に興味を持っていましたが、大学1年生の時に障がい施設のボランティアに参加したことをきっかけに障がい福祉に興味を持ち始めました。それまではあまり障がいのある方と関わることや交流する機会があまりありませんでした。ボランティアの際も少し不安もありましたが、ご利用者と一緒に楽器を使って演奏するイベントに参加し、とても楽しかったことが印象として残っています。これがきっかけで障がい福祉で働きたいと思うようになりました。
そして就職活動が始まり、大学3年生の2月に参加した採用イベントであだちの里を見つけ、説明会に参加しました。私の中で障がい福祉サービスのみで幅広い事業を展開しているところにとても魅力を感じ、あだちの里に入職することを決めました。

法人のココがおすすめ

4月から入職し、支援員として勤務していますが、日々覚えること、こなすことで精いっぱいの毎日です。ご利用者のことや業務のこと、大学で学んだこととはまた違った直接支援することの学びがたくさんあります。所属している施設には4月から入った新しいご利用者もいて、関わり方がうまく伝わらずに四苦八苦することがあります。しかり、周りの先輩がフォローしてくれたり、相談に乗ってくれることで少しずつ理解し、私自身も充実した日々を送ることができています。これから私は支援員として働いていく中で、ご利用者一人一人と関わりをたくさん持ち、ご利用者の「一番の理解者」に近づける存在になっていけるように頑張っていきたいと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop