社会福祉法人あだちの里 の先輩職員紹介

あだちの里を選んだ理由

島貫 公宏

2009年入社 東京福祉大学 社会福祉学部社会福祉学科卒

大学在学時に行った実習先での話になります。実習で障がい者施設へ行った際に、どの職員もご利用者との関わりを第一に考え支援していました。また、その実習先の施設に中学校の同級生(特別支援学級に在籍していた)も在籍していて、とても楽しそうに活動していました。支援する立場である職員のご利用者への想いとそのご利用者である同級生の楽しそうな姿を見て、自分もこういった環境で仕事をしてみたいと思い、障がい福祉を自分の仕事にしていこうと決めました。あだちの里へは大学の進路指導で紹介され、見学し入職を決めました。他にも受けたところがありましたが、見学での対応や雰囲気が良く、安心して働けそうだと感じ、決意しました。

法人のココがおすすめ

現在、副主任支援員として、支援と管理面を行なっています。求められていることとして、職員育成・指導等があります。指導する立場として職員の見本となれるように意識して行動しています。法人の一職員として少しでも法人の成長に繋げていければと考えています。こう思うようになったのは、たくさんの利用者、職員と出会ったことが影響を与えたと思っています。たくさんの人と出会うことで多くの考え方や感じ方等を知り、学ぶことが多くありました。支援する中で一人では難しいことも、チームとして支えあい、協力して実践することで達成できることもあります。その大切さを実感しています。
私は、これまであだちの里に勤務をして辞めたいと思ったことは一度もありません。最初はわかりにくいかもしれませんが、人との出会い、支えあい等を通じて経験を積んでいくことで、仕事のやりがいや充実に繋がっていると思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop