社会福祉法人あだちの里 の先輩職員紹介

あだちの里を選んだ理由

坂齊 莉帆

2015年入社 文教大学 人間科学部心理学科卒

足立区は障がいのある人が散歩したり、買い物したりする姿をよく目にします。足立区は障がいのある人にとっても、こんなに開かれているだと感じました。その地域にあるあだちの里は地域に根付いた法人として運営しており、地域密着、地域連携という部分でとても魅力を感じ入職することにしました。
私は昔から障がいのある方と一緒に過ごす機会がありました。その中でその子がパニックになる様子をみて、「なんでだろう」と思ったことがきっかけで心理学を学ぶことにしました。心理を学ぶ中で自分自身が何をやりたいのか考え、色々な企業や法人を見ました。就職活動をしてきた中でその頃の想いが障がい福祉で働こうと思った決め手になったのかもしれません。

法人のココがおすすめ

私は入職当初から色々な事業を経験したい、やってみたいと考えています。これまで生活介護事業で5年間勤務し、今年度から相談支援事業で勤務をしています。環境が変わると不安なことや悩むこともあり、大変だと感じることもあります。しかし、チャレンジする気持ちを強く持って取り組むことで、自分自身の成長に繋がっていると感じています。現に働いてみると、研修に沢山行かせてもらい、自分自身の学びを深めることができています。ちなみに、有給休暇も取りやすくとても働きやすいと感じています。
皆様も今のうちから色々とチャレンジして、たくさん経験をすることをお勧めします。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop