社会福祉法人菜の花会 の先輩職員紹介

支援援職と相談業務どちらかで悩み、見て、決めたこの職場と業務

工藤 直也

2017年入社 東京福祉大学 総合福祉学部社会福祉学科卒

座右の銘は『笑顔最強!

福祉の仕事をするという事は、福祉大学入学の時から決めていました。当初は社会福祉士の資格をとって、相談員になろうかと思いその職場に見学に行くと「なんか違うな」「やりたくないな」と感じました。ふと振り返った時に、障害を持っている人と直接触れ合う仕事がいいなと思って、菜の花会を見学しました。見学に行ってみると、利用者さんがとてもイキイキしていて、職員も元気に挨拶してくれる。広大な敷地と環境、何よりも元気な職員の雰囲気に、自分が自分らしく働ける場所は「ここだ!」と直感しました。ここなら自分もイキイキと働けるのではないかと思ったのが、入社の一番のきっかけです。「自分のやりたいことができる所はここだ!」ということを見学の時に直感しました。その時の直感での選択は正しかったと思っています。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

自分の考えた支援の方法が利用者さんにピタリと当てはまって、利用者さんがご自分のパフォーマンスを十分に発揮し満足そうな表情を見ることが出来た時は、最大の喜びを感じます。障害者支援って、これまでの支援がその人にとって最善の支援だったかどうかと考えることがあります。これしかないというベストな支援という事ではなく、その時の状況に合わせて変わってくるものだと思います。例えば、夜眠れなくなってしまうので、日中活動としてウォーキングとかの運動をしていただくことが、これまでの支援として確立していることに対して、自分は「ウォーキングだけではなく作業活動もできるのでは」と感じ、利用者さんが日常的にできている動作から、「これだったらできるだろ」と作業に取り入れたことがあります。そしたら作業活動ができたんですよ。嬉しかったですね。格好よく言うと「既成事実を打破」するという事でしょうか。そのようなチャレンジをさせてくれた職場の雰囲気にも感謝しています。今、ここにいる利用者さんがマックス状態だとは思っていないんです。まだまだできることがあると思うし、その可能性をより多く見出して支援して行きたいと思っています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop