社会福祉法人山輝会 の先輩職員紹介

就職活動で後悔しないために!

今田 優己

2018年入社 神戸医療福祉専門学校中央校 介護福祉科卒

座右の銘は『十人十色

就職活動は社会人としてのスタートを切る場所を決める大切なものです。私は初めて働く職場で自分自身の「介護観」「福祉観」がおおよそ形成されていくと思っています。
就職先を決めるために福祉フェア等で様々な法人の話を聞く、卒業生の先輩に話を聞く、学校の先生に相談する・・・色々な方法があると思います。その中で、私は学生の皆さんに施設見学をおすすめします。言葉だけでは分からない職場の空気、ご利用者や職員の表情などを肌で感じてください。
私は最終的に実習でお世話になった山輝会に就職しました。ケアの考え方、内容に惹かれたからです。
給料、人間関係、やりがい・・・人によって何を優先するのかは異なりますが、人生初の就職活動、後悔しない職場選びをするため妥協せずに頑張ってください。

法人のココがおすすめ

言葉だけじゃない「個別ケア」を実践している!
私がイメージしていた特別養護老人ホームでの「介護」を覆されました。
食事は利用者の目の前で盛り付け、食べたい量を自分で決めれます。飲み込みが難しい方でも最初からみじん切りにされた食事は提供しません。一人一人の嚥下状態や食材に合わせて、各テーブルでほぐしたり、適切なサイズに調整します。
排泄は時間を決めた定時のオムツ交換はありません。皆さん普通のパンツをはいている事に私は衝撃を受けました。自分でトイレに行けない方でも、一人一人の排泄パターンに合わせてトイレに案内します。
入浴は1対1で介助します。一緒に着替えを選び、衣類の着脱、浴室での介助、入浴後の整髪まで1人の職員がサポートします。
機械ではなく皆さん家庭にある普通のお風呂(個浴)で入浴できるので、好きな温度で肩までしっかり浸かることができます。
「個別ケア」という言葉はよく聞きますが、それを実際のケアとして具体的に示され、私はそれに魅了され就職することを決心しました。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop