医療法人清水会 の先輩職員紹介

少しずつ成長している自分を実感し、楽しめています☆

村田 亜星

2019年入社 京都福祉専門学校 介護福祉科卒

座右の銘は『謙虚な姿勢を大切に!

専門学校を卒業し、新社会人として当法人に入職しました。
まもなく一年が経ち、二年目を迎えます。利用者様の生活に携わる介護職としてのやりがいを日々実感すると共に、入職当初はまだできなかったことが次第にできるようになり、どんどん仕事の幅が広がってきたことに楽しみを感じています。
介護職は、利用者様の生活に携わるだけではなく、人の命と関わる責任の大きな仕事です。そのため、常に利用者様の体調など、身の回りの小さな変化に気づく観察力が大切だと考えています。
私は、同職種・他職種の先輩職員の皆様から日々ご指導をいただきながら、知識と技術を養い、少しでも利用者様に安心してお過ごしいただけるように努めています。
これからも引き続き、自身の成長を楽しみながら仕事を頑張っていきたいです。

入ってみてわかったうれしい誤算

一見、介護の仕事は利用者様の生活に携わるだけのように見えますが、そうではありません。
私は専門学校に通っていたため、学生時代から実習や授業を通してそういったことは学んできたつもりではありましたが、実際に職員として活躍する中で、どれだけやりがいがあり、良い意味で責任のある仕事かということを実感しました。
私は老健のユニットで勤務していますが、利用者様が私たちのケアやリハビリで少しずつお元気になってくださる経過を見ることができたり、在宅復帰が叶われたときを知ることができたりしたときは、大きな喜びを感じます。
仕事の中でもちろん大変なこと・しんどいことはあります。社会人一年目で、上手くいくことばかりでもありませんが、それでも想像以上にやりがいがあり、幸せな仕事で、いかにプロフェッショナルな職業かということは入職してから強く実感しました。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop