社会福祉法人優心会 の先輩職員紹介

自分の目で見てみませんか?

安田幸平

2017年入社 立命館大学 産業社会学部卒

座右の銘は『言ったことに責任を持つ

福祉専攻の学生以外は、介護の仕事とは何をするかイメージが付きにくいかもしれません。「人の最期のお世話ができる」「人と触れ合える」など一般的にはこんなことを耳にすることが多いです。ただ、この業界の特性もあってか、福祉専攻の方などでなければ知ることのできないことが多いと思います。介護の仕事をするきっかけは、「何をするかわからないから、自分の目で見てから決めたい」といった方でもありだと思います。

入ってみてわかったうれしい誤算

開設から5年の比較的新しい法人です。職員は、様々な経験を積まれてきた方ばかりなので、新卒で入ってもしっかりと丁寧に指導していただけます。
入居者様も優しい方が多いためか、普段から繰り返し接していると自分の言葉遣いが段々と馴れ馴れしくなってしまうことが多いです。私も最初は気をつけているつもりでしたが、入社して2,3ヶ月くらいになると緊張感も消えてきて雑な言葉遣いになっていました。すると、その様子を見ていた先輩職員から「最初は丁寧な言葉遣いやったのに、そんな癖つけてしまったらあかんよ。」と注意を受けました。常に気にかけていただいてることが嬉しかったのと、自分では気づかないことをタイミングよく指導してくれる先輩に恵まれていることが、この施設に入社して良かったことだと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop