社会福祉法人みずき福祉会 の先輩職員紹介

・「人」+「人」=“新しい可能性”

阿部 広果

2015年入社 日本社会事業大学 社会福祉学部卒

座右の銘は『やるからには楽しく!!!

あなたの好きなこと、得意なことは何ですか?”
 自分の好きなこと、得意なこと=誰かにとって、未知で新しいもの。
 新しいことをする時、ワクワクしたり、不安だったり、やってみたら意外と楽しかったり…と沢山の感情が湧いてきます。
 それは利用者様も同じなんです!!新しいことをやってみると、いつもと違う表情が見れたり、こんなことが出来るんだ!と発見があったり、“新しい可能性”を見つけることが出来ます。私の職場には、料理が得意な人、沢山の趣味を持った人が働いています!!料理が得意な人は、利用者様の誕生日にケーキを焼いたりもしています。町田福祉園は自分の好きなことや得意なことを、皆が大切にしてくれる職場です。

入ってみてわかったうれしい誤算

入職して3年目。仕事にも慣れてきて、徐々に仕事の楽しさが分かるようになってきた頃。

ある日、数名の女性先輩スタッフと飲み会に行った時のエピソード。
その飲み会の一部で、趣味の話になりました。
ですが、その時の私にはこれといった趣味がなく、趣味がないことが悩みであることを話しました。趣味程まではいかないが、乗り物(車、バイク、船)に興味があったことも話しました。

するとある先輩が、「もしバイクの免許とったら、私のバイク譲るよ!」と言って下さいました。
前からバイクに憧れはあったものの、中々免許取得までの勇気がなかった私には、“これはチャンスだ”と思い教習所に通い、なんとかバイク免許を取得できました。

そして職場の先輩が入っているバイクチームに入り、今では毎月ツーリングに行っています。

そして、その趣味から色々な人とのつながりも生まれました。
今では、毎月のツーリングが仕事を頑張るきっかけにもなっています!!

趣味のなかった私が、まさか職場で趣味をゲットするとは思いませんでした。
この職場でなかったら、今の趣味はないと思うと、ここを選んで良かったなと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop