社会福祉法人この街福祉会 の先輩職員紹介

様々な事業をしている法人だからこそ『やりがい』があります

奥山 達哉

2016年入社 信州豊南短期大学 幼児教育学科卒

座右の銘は『失敗したところで止めてしまうから失敗になる 失敗からの学びは成功への第一歩だ

実は、学生の時は保育士を目指していて、障がい者の施設には良いイメージがなく、障がい者施設の実習も“単位のためにとりあえず行く”という意識でした。
ですが、実習中に出会った1人の利用者の方との出来事がきっかけで、“障がい福祉をもっと知りたい”“障がいのある方に関わる仕事がしたい”と興味が沸き、今の仕事を目指そうと決めました。

就職活動では色んな法人を見学しましたが、障がい児者の様々な事業をやっている法人は県内に少なく、ここなら色んな経験が出来ると思い入社しました。本当は、障がい児の仕事を希望していたのですが、今は障がい者の仕事の方が『やりがい』を感じています。
同期や先輩職員が多いので、僕にはその存在が心強いです。職員が多い法人に入って良かった!と、入社してから実感しました。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

学生時代に、短大の先生や事業所の職員の方々からよく言われていたことがあります。それは、この仕事は「やりがいがある」ということです。正直、もういいと思うくらい聞きました。当時は、その「やりがい」とは、「大変な仕事」を良く表現しただけと思っていました。実際に、「大変な仕事」と聞く事も多く、僕もそれは感じていました。
就職して働き始めると、「大変」と思う事は確かに多いです。支援がうまくいかない時や、利用者の方の想いが汲み取れない時は特に思います。
ですが、利用者の方と活動していく中で、悲しい事や嬉しい事を一緒に共有したり・頼ってくれたり・利用者の方や職員と一緒に悩んだり、これが「やりがい」か!と思う場面がたくさんありました。あの時に言われていた「やりがい」はこのことだったんだ!と実感しています。言葉で言い表す事が難しいこの感覚を「やりがい」表現して、伝えてくれていたんだと思いました。

今の僕が、後輩に「この仕事の良いところは何ですか?」と聞かれたら、先生方と同じように「やりがいがあるところ」と答えます!
『大変な仕事ですが、それも含めて「やりがい」を感じることできる仕事』と伝えたいです。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop