社会福祉法人昴 の先輩職員紹介

私が昴を選んだ理由と仕事の魅力

山本博美

2011年入社 立正大学 社会福祉学部卒

座右の銘は『一期一会

私が昴を知ったのは大学教授の勧めでした。教授から「卒業生も就職しているし、いいところだから。」と言われ、見学をしてみようと思ったのがきっかけです。見学当日は、担当の方が各事業所を一緒に周り、時間をかけて説明してくれました。その時に利用者様に対する職員の対応に魅力を感じ、昴で働きたいと就職を希望しました。私が最初に配属された事業所は、FSC昴といって、居宅介護事業所でした。ご利用者様のご自宅での個別支援が主であったので、ご本人はもちろんご家族ともコミュニケーションをとることが多く、緊張とプレッシャーの毎日でした。でも、ご利用者様やご家族の方から笑顔を向けられると不安をかき消してしまうほどの喜びがありました。また失敗してもフォローしてもらえる先輩の存在もあり、いきいきと仕事ができる環境です。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

私が就職してから一番印象的だった仕事は、利用者様(以下A様)が20歳になる誕生日にそのご家族と一緒にディズニーランドに行ったことです。A様には突発的な行動があり、ご家族はいつも目を離すことができない状態でした。その為、家族みんなで外出する機会も少なく、ましてディズニーランドのような人の多い場所へ行くこともありませんでした。ですが、20歳という大切な記念日を喜んでほしいというご家族の思いもあり、ディズニーランドへ行くことを決めました。当日は、長時間の電車移動、アトラクションの待ち時間など、A様にとっては苦手な環境もありましたが、出来るだけ楽しめるような工夫をしました。そうするとA様にも笑顔がみられ「次はあれに乗りたい!」と、指をさして楽しんでいるA様の姿がありました。帰りの電車で、「私が支援者としていたからこそ、こういった楽しい時間を過ごすことができた…」とご家族から感謝の気持ちを伝えられ胸がいっぱいになりました。お誕生日祝いは大成功に終わり、私の仕事への想いがさらに強くなった大切な一日となりました。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop