この先輩職員情報は、2021新卒以前向けのものです。最新の先輩職員情報は、こちらからご覧ください。

社会福祉法人嬉泉 の先輩職員紹介

成人入所施設から児童入所施設への異動

荒 香里

2014年入社 目白大学 人間学部卒

座右の銘は『石の上にも三年いれば暖まる

                   

障害者入所施設での仕事
私が担当しているグループは、話ができる利用者の方が多いのですが、会話ができるからといって理解し合えているとは限らず日々その難しさを感じています。何気なく会話してしまうと、その方が本当に伝えたい事を見落としてしまったり、その方が好まない返答や表現をしてしまいパニックを誘発してしまったりします。常に先輩に相談しながら自分の対応を振り返り、利用者の方がそうなってしまった根本的な原因を見つけるように努めています。昨年自分の自己実現に成功しました。ひとつは副主任への昇格。そして念願だった児童療育へのチャレンジです。
部下や後輩が自分と同じように「その人らしく」働ける環境を整えていけるよう努めています!

法人のココがおすすめ

東京都出身で、法人の事業所も東京がほぼ中心。配属は都内だろうと勝手に思っていました。でも、配属は千葉県袖ケ浦市でした。
さすがに袖ケ浦配属と聞いた時には「ああ!!」と思いましたが、母に相談すると「あ、そう」という感じだったので、家を出て働くことは大した事ではないのだという気持ちになりました。「やるしかない」と思いましたね。児童療育が希望でしたが、実習を通じて入職を決める頃には色々な事業所で経験を積みながら、嬉泉のやり方を学びたいと考えていました。今では、駅前で一人暮らしをしながら自転車で片道20分の通勤から、先輩の車を受け継いで、生活面でもステップアップ。入所施設は、若いうちにしかチャレンジできないことでもあり、
そして・・・なによりも。自立できた自分に驚いています。
今やれていることをベースにステップアップできるこの法人で頑張りたいです!

OFFICIAL SITE

社会福祉法人嬉泉

OFFICIAL SITE

PAGE TOP