社会医療法人仁厚会 / 社会福祉法人敬仁会 の先輩職員紹介

ご利用者に真摯に寄り添う介護士でありたい

齋藤美香

2016年入社 東京医療秘書福祉専門学校 卒

座右の銘は『健康第一(体が資本)

私の生まれ育った地域には高齢者が多く、自然と「お年寄り好き」になっていました。介護の道に進んだのは、そうした高齢者の役に立ちたいという想いが強かったからです。
就職活動の時に、自宅近くに「ル・ソラリオン葛飾」で新卒向けの説明会が開催されていることを知り、興味を持ち説明会へ参加しました。
説明会へ参加して、実際に働いている職員の様子や施設の温かい雰囲気に触れて「ここで働きたい」という気持ちが強くなり入社を決めました。
今後ますます日本国民が高齢化していくうえで、介護という仕事の意義や責任や増していくことが予想されます。そんな中、高齢者の人生に真摯に寄り添うことができる介護士となっていくため、今後も介護士としてのスキルアップや人間としての成長に対しての努力を怠らないようにしたいです。

入ってみてわかったうれしい誤算

入社してまず驚かされたのが人間関係の良さでした。
学生時代の同期に会ったときに、それぞれが所属している仕事の悩みについて話が出るのですが、いちばん話に出るのが「人間関係についての悩み」相談です。
様々な世代や気質の人間が一か所に集まる場では軋轢が生まれがちですが、入社してから全くと言っていいほどトラブルがなく、そういった意味では恵まれた環境で働くことが出来ていると感じています。
困っていることや分からないことがあると、主任や先輩職員が声をかけて手を差し伸べてくれるので安心して働くことができます。
施設長や次長など管理職とも冗談を言い合える関係性であることも敬仁会の魅力です!

エントリー

OFFICIAL SITE

社会医療法人仁厚会 / 社会福祉法人敬仁会

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop