社会福祉法人コロロ学舎 の先輩職員紹介

なんだかんだ言ってもやっぱり…利用者さんとご家族の笑顔

長谷川 正裕

2013年入社 法政大学 現代福祉学部卒

座右の銘は『固定概念を捨てろ!

私たちの施設に入所・通所されている利用者さんのほとんどが行動障害をもつ重度の自閉症であり、皆さんと同じように社会で暮らしていくのが難しい方ばかりです。私たちは利用者さんの皆さんが落ち着いて成人らしく暮らせるように起床から就寝まで日々の生活を支援し、また脳科学に基づいて考案された「歩行トレーニング」や「ダイナミックリズム」などの療育活動を通して利用者さんの行動を改善しています。また私たちの業務は生活支援だけでなく、面談を通じての親御さんのカウンセリングや、講演会での療育技術の普及、他の施設や学校の現場指導など、多岐にわたっているのが特色です。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

とにかく人から感謝されることが多い仕事です(特に利用者さんのご家族から)。しかし、そこに至るまでは日々の地道な療育活動が不可欠ですし、なかなか成果を得られずに辛い思いをすることは少なくないです。ありきたりな表現で申し訳ございませんが、それでもやっぱり救いになったのは利用者さんとご家族の笑顔でした。入職4年目で文化祭の委員を任されて業務の難しさに翻弄されていた頃、文化祭後の帰路につく利用者さんとご家族の嬉しそうな笑顔を見ると、毎日の療育や業務は間違っていなかったのだと感じ、これからも頑張ろうと思いました。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop