社会福祉法人南高愛隣会 の先輩職員紹介

「新しいことに取組んでいる法人だから行ってみたらどうだ」

井上 凜子

2016年入社 大分大学 教育福祉科学部卒

座右の銘は『

私は大分大学で福祉を学び、卒業後は地元の長崎で働きたいと考えていました。
そんな時、「愛隣会は色々と新しいことに取り組んでいるから行ってみたらどうだ。面白いと思うぞ。」と大学の先生からの一言がありました。
1番信頼している先生からの一言が私が法人を選んだ理由です。
入社してもうすぐ3年目を迎えます。これまでを振り返ってみると、
法人の中でたくさんの新しいことを経験し、学ぶことができ、大学の先生の言葉を実感しています。
新しいことに取り組むことはとても自分自身を成長させてくれます。
「福祉って何?」と思う人もこの法人をのぞいてみると、ぐんと福祉の視野が広がります。
学生の皆さんも、ぜひのぞいてみてくださいね!

この仕事やっててよかったと思う瞬間

この法人で働いて2年間。私にとってとても大事な人達が増えました。
1年目の生活系の仕事では一つ一つ丁寧に教えてくれる上司、
娘のように親身に関わってくれる世話人の方、プライベートでもご飯に
行ったり、いつも笑わせてくれる職員の方に出会いました。

2年目の日中系の仕事では、まだまだ社会経験が少ない私に、しっかりと社会の常識を教えてくれるものの、いつも笑わせてくれ、相談ものってくれる方に出会いました。
そして何より自分の支援に対し、笑顔を見せてくれたり、少し変化が
見られたり、「ありがとう」とまっすぐに伝えてくれる利用者がいることも大きいです。

こうして3年目も頑張ろうと思えるのは、悩みやきついことがあっても支えてくれる大事な人達が増えたからです。
この法人で働いていなかったら出会えていなかったのだろうととても感じます。
大きな法人であるからこそ、今まで出会うことのなかった多くの人達に出会うことができるのは、私がこの法人を選んで良かったと思う理由の内、1番の理由です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop