社会福祉法人南高愛隣会 の先輩職員紹介

たくさんのことを学べる場所と職員同士の雰囲気を見て!!

野中 さくら

2016年入社 長崎純心大学 卒

座右の銘は『七転び八起き

大学時、ゼミの活動で利用者満足アンケートに関わらせて頂き、
その後も何度かボランティアをしました。
その中で、利用者さんの楽しそうに過ごされている姿や職員さん同士の和気あいあいとした雰囲気に魅力を感じ、入職しました。南高愛隣会はとても大きな法人です。たくさんの事業所があり、多くのことを学べる場であると思います。
利用者さんと関わる中で時には壁にぶつかることもありますが、その時はたくさんの先輩方が相談に乗ってくださったり、「大丈夫?」と声をかけてくださいます。色々な事業を展開していることだけでなく、“こんな支援員になりたい”と思える理想の上司が多いことも魅力の一つだと思います。

法人のココがおすすめ

私は大学在学時、児童福祉を専攻していました。
南高愛隣会にはジョブローテーションといって、5年間色々な職種の事業所を経験できる制度があります。
1年目は高齢・重度のグループホームの担当をしました。担当した初めの頃は「どうしよう。。やっていけるかな。。」と本当に不安でした。
しかし実際グループホームの担当をしてみると、自分が考え、行動したことがそのまま利用者さんの笑顔、幸せに繋がりとてもやりがいを感じ充実した仕事ができました。自分には無理だと不安に思うことでも、実際にやってみないとわからないことはたくさんあると分かりました。
私は現在、2年目で児童分野の事業所に所属をしています。
対象となる利用者さんは違いますが、1年目で学んだことを活かしながら、日々業務に取り組んでいます。
ジョブローテーションという、大きい規模の法人だからこそできる取組は、南高愛隣会の魅力の一つだと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop