社会福祉法人大阪府社会福祉事業団 の先輩職員紹介

やりたかったことができている充実感と、現実の大変さ

山口 紋加

2015年入社 大原医療福祉製菓専門学校 介護福祉士コース卒

座右の銘は『塵も積もれば山となる

小さなころからおじいさん、おばあさんと関わることが好きで、直接人の役にたつ仕事がしたいと思い、介護福祉士の道に進みました。内定を頂いてから毎日まだ見ぬ世界に緊張していました。しかし、入社前の研修や入社後のフォローアップ研修で、同期と親しくなり、悩みを相談したり不安を話し合ったりと、すごく心強かったことを今でも覚えています。入職後失敗したことや大変なことがたくさんありましたが、人間関係に恵まれたことやもともと介護の仕事を希望していたこともありましたので、毎日前向きな気持ちで職場へ来ることができました。ただ、人間相手の仕事ですので上手くいかないことも多くあり、その度に自分の未熟さに気付かされ反省することがあります。その時には同期や上司の方と話し、一人で抱え込まないようにしています。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

他の仕事に比べ身体面でも精神面でも大変なことが多く、あまり楽しいことはなさそうと思われるかもしれません。確かにほとんどの利用者様は高齢なので元気になっていくわけではなく、どんどん出来ないことが増えていくので、せつなくやるせない気持ちにもなります。ただその分嬉しいことがあったときには普通の何倍も心にくると私は思っています。例えば、利用者様や家族様から「ありがとう」と言われたときに役に立てているのだなと思い、もっと頑張ろうと思えます。また、お話ができる利用者様とたわいもない話をして笑い合っているとき、人生の先輩である利用者様に人生の相談ができるとき、寝たきりの利用者様に声を掛けた時に微笑んでくれた顔を見せてもらえたとき…など、人間相手だからこそ感じることのできる嬉しさがあります。利用者様の大切な時間に寄り添うことができ、充実した時間を過ごせるように、その人らしい生活とは何かを考え支援できる介護福祉士は、とてもやりがいがあり、実は毎日の中にちょっとした嬉しいことがいくつも転がっている珍しい仕事だと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

社会福祉法人大阪府社会福祉事業団

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop