社会福祉法人若草会 の先輩職員紹介

自分の世界を広げたい

児玉 裕亮

2014年入社 

座右の銘は『川の流れのように

若草会には生活介護事業だけでなく、就労継続B型・就労移行・グループホーム・ショートステイなど様々な事業所を持っており、幅広く障がい者の方への支援を行っております。私は何か1つに特化して「これをしてみたい!」という気持ちではなく、自身のステップアップとして様々な世界を知りたいと思っていたので、障がい分野で幅広い支援を行っているこの法人を選びました。勤続年数が短い中、就労移行や生活介護事業と様々な分野を体験させていただき、どれも良い経験になっています。
就職先を選ぶときには、「自分は何が向いてるか」「自分には何ができるのか」迷うことが多いと思いますが、あれこれ考えるより先に行動し、自分の世界を広げるために色んなことをチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
新たな自分が見つかるかもしれません!

この仕事やっててよかったと思う瞬間

私の実家は和歌山県の長閑な田舎にあります。一人っ子の私は、人と争うこともせずマイペースで育ってきたため、仕事でもある一定のペースで取り組んでいます。日々の業務で利用者の方に伝わってしまわないよう、気持ちが焦らないよう自身のペースを保つよう支援しています。
しかしマイペースでいることはメリットである反面、デメリットに見られる場面があります。私自身がペースを保てず忙しくしてしまうと、ミスが増えたり忘れ物をしがちです。そのことは同じチームの職員がよく理解してくれていて、色々と協力してもらったりフォローしてくれたり、助け合いながら一緒にお仕事させてもらっています。そんな温かい職場環境が若草会にあり、その一員であることに嬉しく思っています。
自分の長所短所も受け入れながら今後も自分のペースを保ちつつ、キャリアを積み知識を蓄える。「急がなくていい」「何とかなる」「大丈夫」といった雰囲気を出せる存在になりたいと考えていますが、焦らず川の流れのように日々の仕事を真剣に取り組んでいきたいと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop