社会福祉法人神戸老人ホーム の先輩職員紹介

介護の仕事はやりがいと楽しさの宝庫!

高原美和

2016年入社 甲子園短期大学 卒

座右の銘は『何事にも感謝の気持ちを持って

どんな仕事でも大変なことはあると思いますが、介護の仕事は、自分の考えたことを提案し、職員同士で考え、どうすれば入居者様がより良い生活を送っていただけるのかを絶えず考えます。その分、悩みも多いですが、家族のように近くで関われるため、自身のケアで入居者様が喜んでいる姿を見ると、自分ごとのように嬉しくなれます。また、私たちの施設は関係性も良いですので、少しでも悩みがある時にはすぐに相談することができます。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

私が介護の仕事を志したのは中学生の時です。実際に仕事に就いた時はとても嬉しかったのですが、実際に働きだしてからも本当に楽しく、やりがいのある仕事だと感じています。エピソードとしては本当にたくさんありますが、私が初めて担当した方のことを話します。その方は車椅子を使用されていました。一生懸命ご自身の手足を使って操作しており、「自分でできることは何でも自分でしたい」という思いの強い方でした。ですが、その方は内出血ができやすく、車椅子の操作中に当たってしまうでしょうか、時々足に内出血をつくっていました。そこで、私は車椅子の一部分に合うカバーを手作りし、それを試していただきました。すると内出血がなくなり、とても喜んでくださいました。そして、「あなたに最期までみてほしい」と言っていただきました。その時の言葉は今でも忘れられません。
この仕事はすぐに結果が出ないことも多々ありますが、職員と協力することでうまくいった時はさらにやりがいを感じます。これからも、出来る限り多くの入居者様に「この施設に入れてよかった」と思っていただけるよう、楽しみながら頑張っていきたいと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

社会福祉法人神戸老人ホーム

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop