社会福祉法人南高愛隣会 の先輩職員紹介

「この人がいるから今の私があるんです」利用者さんの声を聞いて

高木 湧平

2018年入社 長崎純心大学 人文学部卒

座右の銘は『やらないで後悔しないために、まずやろう

大学の活動で南高愛隣会の利用者アンケートという取り組みに参加をしました。
アンケートの中で、色々なホームに入り利用者さんの様子を実際に見て職員や利用者さんの楽し気な様子を見てこの会社に興味を持ちました。
アンケートを通して、ある利用者さんが「この人(担当の職員)がいるから今の私があるんです」という思いを聞いて、
「この楽しい雰囲気の会社の中で、こんな風に利用者さんに言って貰えるような職員になりたい!」と思い南高愛隣会へ応募しました。

今、私は希望していたグループホームの生活支援員として利用者の方とたくさん関わり、まずは利用者さんに笑顔で楽しく過ごしてもらえるように仕事をしています。

法人のココがおすすめ

利用者さんに対してさまざな視点で考え、本人さんの「~したい」という想いを実現に向けて支援をしていきます。
長崎県下5地区と幅広く事業を展開していて事業所数も47か所、利用者数は1000人近くになっています。
法人の規模が大きいことで、利用者さんの個性に合わせた活動場所や、住む場所の提供をすることができます。
また他にはあまりない、障がいをもつ方の恋愛や結婚、子育てを支援する事業や、罪に問われた障がい者・高齢者への支援をする事業があり独自の支援をすることができます。
障がい福祉の事業種がほぼ網羅されているため、「最初は児童の分野だけしか興味がなかったけど、やってみたら障がいへの支援が自分に向いているかもしれない」と自分の意外な強みを知ることができます。
また逆に新たな興味が出て「生活の方に興味を持ってたけど、日中支援がやってみたくなった」となっても法人内で対応ができます。
ぜひ、南高愛隣会でお待ちしています!優しい先輩と利用者さんがあなたを待っています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop