社会福祉法人この街福祉会 の先輩職員紹介

はじめの一歩!!

中村さつき

2018年入社 松本短期大学 専攻科卒

座右の銘は『努力は裏切らない!

私が福祉の仕事を目指したのは、『障がい者ってどんな方々だろう?』と学生の時に思ったことがきっかけでした。
そして、短大の時の実習先で私は、障がい者の方々が通所・短期入所する施設を選びました。先生からは、「この実習は、自分が障がいを持った方と関われるか、関われないかが分かれるきっかけになる実習」と言われました。
そして、実習が始まると1日があっという間に過ぎてしまい、利用者さんとどのように関わっていいのか?自分の言葉は利用者さんへ伝わっているのか?と毎日悩みました。しかし、職員さんと利用者さんのやり取りを見ていく中で、少しずつ見る目が変わり、実習の後半では、利用者さんと『もっと関わりたい・もっと知りたい』と思うようになりました。
この実習が私のはじめの一歩になり、今の仕事を選びました。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

「ありがとう」と言ってもらえた時に、『この仕事をやっていてよかった』と思います。
入社してすぐは、覚えることが多くメモをとることで精一杯で、周りのスタッフや利用者さんの様子や言葉に耳を傾ける余裕がありませんでした。周りの状況を見る余裕が出来てきた今、一つひとつのやり取りの中にスタッフ同士で「ありがとうございます」と伝える姿を多く見るようになりました。洗濯物を片付けた時や利用者さんの支援の時など様々な場面がありますが、その言葉一つでとても温かい気持ちになり、『自分を見ていて下さる方がいるんだ』と嬉しい気持ちになります。
また、利用者さんと関わる中で、どのように関われば良いのか解らなくなくなることがまだ多くあります。そんな時は、上司や同僚のスタッフからアドバイスをいただくと、私と違った視点の利用者さんの姿やその方の出来る事を発見することが出来ます。今では『こう考えているのかな』と思いながら利用者さんと関わると、笑ったりうなずいたりと反応が見られる時があり、『利用者さんの気持ちが理解が出来たのかな』と思えるようになりました。そんな時も嬉しくなり、『この仕事やっていてよかった』と思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop