社会福祉法人南山城学園 の先輩職員紹介

これからの新しい福祉を一緒に

奥田 圭一郎

2009年入社 龍谷大学 社会学部卒

座右の銘は『かけ続ければ山になる

南山城学園の最大の魅力は良い人材がたくさん在席しているということです。職員のキャリアアップの道筋が明確化されており、研修制度やその研修を支える講師の方々も長年キャリアを積んでこられた方々ですので、心強いです。福祉の業界はまだまだこれからであると言って過言ではないと思っています。利用者様の人生をより良いものにして頂くために、私たちは様々な資源を駆使して、工夫していく必要があると思っています。ぜひ、この大きな可能性を秘めた分野、そしてその可能性を実現してける法人に来ていただければと思います。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

これまで、たくさんの利用者様と関わりを持たせていただきました。やはり、どの方にお会いしても名前を覚えて頂けることはありがたいことだなと感じています。
「奥田さんおはよう」日常の挨拶ですが、とてもうれしい気持ちになります。利用者様の生活が少しでも良くなることは願ってもないことですが、主任として職場の業務が円滑に運営できることや職員が楽しく、元気に仕事をしている状況があることにやりがいを感じています。仕事で出会う方々全ての人が自分自身を成長させてくれていると感じています。その中でも、各事業所の施設長は自分自身のお手本であり、目指すところでもあると思っています。入社してなかなかうまくいかない時に、施設長から「土台は砂をかけ続ければおおきくなっていく」というお言葉を頂き、まずは取り組んでみる姿勢を学ばせていただいたことが今の自分の姿勢に繋がっていると感じています。各事業所の特色がありますが、どの事業所も活気があり、チームワークが良いです。私の在籍している事業所は若手職員が多く、エネルギーに満ち溢れた職場であると感じています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop