社会福祉法人生活クラブ の先輩職員紹介

ご利用者様に笑顔でありがとうと言ってもらえると嬉しいです

齋藤 実香乃

2017年入社 昭和女子大学 人間社会学部卒

座右の銘は『蒔かぬ種は生えぬ

私はサービス付き高齢者向け住宅で勤務しています。ご利用者様の安否を見守ったり、生活介助をしたり、会話をしたり・・・その方の生活の質を維持するお手伝いをしています。

もともと人と接するのが大好きで、学生時代は接客のアルバイトをしていました。介護の仕事は他の接客サービスの仕事より大変だと聞いていましたが、人と接するのが好きな私には楽しい気持ちのほうが強いです。人生経験豊富なご利用者様から伺う話は、とても勉強になります。

もちろん大変なこともありますが、ご利用者様に笑顔でありがとうと言ってもらえたら、明日も頑張るぞという気持ちになります。

介護職経験は人としての成長に繋がると感じています。人と接する事が好き、人の笑顔が見たい、コミュニケーション力を磨きたいという方にオススメです。

入ってみてわかったうれしい誤算

就活中に多くの施設や法人の見学へ行きましたが、生活クラブ風の村の理念や考えに最も共感しました。「私たちは、一人ひとりの個性と尊厳を尊重し、基本を大切にした質の高い支援を目指します」という理念があるのですが、入職後、私が思っていた以上に、支援の質を高める姿勢を目のあたりにしてきました。
例えば、風の村ではご利用者様一人ひとりの身長に合わせて、椅子の高さを変えています。ご利用者様の生活の質を向上させるために何ができるかを全員が考えて実践しています。そこに終わりはなく、常に質の高いケアを追求しています。

介護の仕事は「誰でもできる仕事」と思われがちですが、実際にやってみると、とても奥が深い仕事です。Aさんが喜んでくれた対応がBさんにも喜んでもらえるとは限りません。正解があるわけではなく、一人ひとりに合わせた対応が求められます。
私は常に「どうすればより良い接し方となるか」「おせっかいが気遣いに変えられるのか」を考えています。

悩んだり困ったらいつも先輩が相談に乗ってくれたり、気に掛けてくれる環境なので、大変な仕事ですがあまりつらいと感じません。この点は嬉しい誤算でしたね。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop