社会福祉法人小田原福祉会 の先輩職員紹介

人生の最期に「出逢えて良かった」と思われる人に。

稲毛美咲

2016年入社 国際医療福祉大学 医療福祉学部卒

座右の銘は『幸せを抱きしめよう!!

私は、祖父が亡くなった時のことをきっかけに小学生の頃から介護の仕事に憧れを抱いていました。そして、学生の頃恩師から“「福祉」の意味は「幸せ」”という言葉を教わりました。当時は理解しきれなかった言葉ですが、介護の現場で働いてやっと理解できるようになってきました。・・・介護という仕事は、大切な人を幸せにすることができる!大切な人の最期の時間を共に過ごすことができる!ご利用者様が名前を覚えていてくれた!大笑いしてくれた!潤生園は、なにげない幸せに気付き、感動することができる場所だと思います。

法人のココがおすすめ

当法人では、入社時からチューターの方がつき、同じ時間帯に勤務をしながら基礎から応用を教えてくれます。初めは、教えて頂いたことが全くできず、自分の力不足に落ち込みました。しかし、ずっと一緒にいてくれるチューターの方は不思議と・・・悩みや不安に気付いてくれるのです。1人立ちしてからもチューターを始め、他職員のフォローアップはとても心強く、それが潤生園のおすすめポイントでもあります。
チューターの方とは出逢って約3年経ちますが、今でもお姉ちゃんのような存在で、「こういう職員になりたい!」と憧れる目標の存在です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop