NPO法人み・らいず の先輩職員紹介

就職先は、自分の心が動く会社へ決めた

宮地 禎子

2018年入社 京都女子大学 英文学部卒

座右の銘は『一期一会

3月からの就職活動では福祉業界に興味はあったものの、当初はIT業界に絞っていました。いざIT企業から内定を頂いたときに、これでいいのかと悩んでしまい、それならいっそのこと辞めてしまおうと、思いきって方向転換しました。
そこから、姉にみ・らいずの説明会があることを聞き、参加しました。

第1印象はサイトのデザインや説明会会場のセンスいい!です(笑)

エントリーしようと思った決め手は、スタッフの方々の障がいのある方との関わり方や、大切にしている姿に心動いたからです。
なんでもしてあげる、子ども相手みたいに話す、危ないからさせない、支援者は上の立場にいるというような関わり方が大嫌いなので、一緒にチャレンジして、難しそうだけどやってみようじゃないか、というような姿勢が、すごく腑に落ちました。

ある日の1日の仕事スケジュール

変動的なシフト制なので、毎日決まったスケジュールではありません。現場に出たり、会議に参加したり、夜には研修もあったりと、色んな予定が日々入っています。

10:00|出勤
先輩らと事務所の掃除をします。

10:15|事務作業
支援計画やメールの作成など
分からないところは先輩に確認しながら進めています。

12:00|昼食
事務所で先輩たちとお昼を食べることが多いです。
ケースの話や昨日観たドラマの話など、大事なコミュニケーションの時間です。

13:00|介助
買い物代行や掃除を行います。
利用者さんが毎日気持ちよく生活できる空間が創れるよう、心掛けています。

14:30|介助
調理介助を行います。利用者さんのリクエストに合わせて調理。
最初は慣れませんでしたが、事務所で練習したりと工夫しながら取り組んでいます。

16:30|運営会議
気になるケースの共有や進捗確認を行います。
新入社員も運営に携わり、今必要なことや今後やっていきたいこと等、直接先輩に提案もできます。

18:00|一年目研修
月2回研修があります。
人事担当のスタッフや、代表講話もあります

19:00|退勤

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop