社会福祉法人清和会 の先輩職員紹介

就職の決め手は「設立経緯」

松尾 凌雅

2018年入社 九州看護福祉大学 看護福祉学部卒

座右の銘は『初心忘るべからず

 幼少期より福祉を身近に感じる環境で育ったため、将来は福祉関連の仕事に就こうと考えていました。学生時代もその考えは変わらず、そのまま福祉の大学に進みました。
 大学で詳しく勉強する内に「障がい関係」の施設に就職しようと決め、様々な施設に見学に行きました。その中で「親亡き後も安心して生活できる場所を」というご家族の想いから設立された「つくしの里」と出会い、話を聞いているうちに利用者の方々や職員の方々の温かさを知り、就職を希望しました。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

 施設には様々な障害を持った方がいらっしゃいます。自分の気持ちや要望を伝えるのが難しい方が多いのですが、利用者の方々のサインに気付き「何を伝えたいのか」を感じられ意思疎通が図れた時に、嬉しさとやりがいを感じます。
 その他にも「どうすれば利用者の方々が生活しやすくなるか」を一番に考えて様々な工夫をしながら支援しています。
 その結果、利用者の方々が笑顔になったり、「ありがとう」と言っていただいた時が、「この仕事やってて良かったな」と感じる瞬間です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop