社会福祉法人福知山学園 の先輩職員紹介

「自由」が一番の決め手!

笛木菜奈美

2017年入社 県立広島大学 保健福祉学部 作業療法学科卒

座右の銘は『為せば成る、為さねば成らぬ。何事も。

「子どもに関わる仕事ができること」、これが私の夢でした。大学で学んでいくうちに、色々な携わり方があることを知りました。その中でも、私が魅力的に感じたのは地域ではたらくことでした。子どもたちやその家族、保育士さんや学校の先生などの身近な存在でいれることや、自分の意欲次第で子どもたちにとって一番良いことを考え続け挑戦できること、これらが福知山学園で働くと決めた主な理由です。「働かされる」ということが嫌いな私。自分が「やりたい!」「もっとこんなことがしたい!」と、常に向上心を持って仕事に取り組ませてもらえる環境の整った職場を選びました。日々挑戦の毎日ですが、失敗を恐れずに挑戦し続けていこうと思います。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

一番は、子どもたちの成長が感じられた時です。「こんなふうになってほしい」「こんな力を見せてほしい」そんな思いを込めて、日々一緒に遊んだり、活動を考えさせていただいています。ですので、保護者様から「癇癪が減りました」「言葉が増えました」など子どもたちの変化を聞かせていただいたときには、「やっててよかったな」と感じ、改めてこれからも子どもたちのために頑張ろうと思える活力になります。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop