社会福祉法人みずき福祉会 の先輩職員紹介

「自分から知ろうとする気持ちを大切に」

殿塚 美里

2011年入社 武蔵野大学 現代社会福祉学部社会福祉学科卒

座右の銘は『「まずはやってみる!!」

福祉というと大変・不安という気持ちが出てくる方が多いかもしれません。私も福祉をちゃんと知る前は同じ事を漠然と思っていました。ですが実際に経験しないと分からない、と思い様々なボランティアをしてみると、福祉のイメージが大きく変わりました。利用者様との関わりで、楽しい・もっと知りたいという気持ちが大きくなり、特に知的障がいを持つ方々に関わる仕事に魅力を感じ、現在の仕事に就きました。
町田福祉園で働いて8年目。色々な事がありますが、利用者様と関わる日々は常に新しい発見と自分を成長させてくれる毎日でとてもやりがいを感じています。
少しでも気になることは、まずは自分から知ってみる。先入観でイメージを作ってしまう事はとても勿体ない事。皆さんが自分にとって魅力・やりがいがある仕事を見つけられますように。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

私たちの仕事は利用者様へ支援を通して、携わらせて頂くことです。支援をするにはまずは利用者様の声を聞くことが大事。思いを引き出し代弁する事、それも私たちの仕事の1つです。
ある利用者様は気持ちを上手く伝える事ができず、周りともぶつかる事が多くありました。一緒に何かを共有する時間を増やしたり、本音が言える環境を整えたり、利用者様が気持ちを出せるよう、伝えられるように、長い期間をかけて関わってきました。そんなある日、利用者様から素直な気持ちを話してくれる事があり、その時「この仕事は素敵だな」とほっこりしたのを覚えています。町田福祉園には様々な障がい・背景を抱えた利用者様がいますが、利用者様の気持ちが伝わり一緒に笑顔になれた時は、少しでも力になれているかな、と思える瞬間でありとてもやりがいを感じ、この仕事をこれからも続けていきたいな、と思う事ができる瞬間でもあります。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop