NPO法人寝屋川市民たすけあいの会 の先輩職員紹介

できないことの中にある、できることよりも大切なもの

大村静香

2007年入社 大阪国際福祉専門学校 卒

座右の銘は『明日は明日の風が吹く

学生時代は勉強をしていても、実習に行っても「自分ができることはなんだろう」「なにかやってあげられることはあるかな」と考えていました。でも働いてみて「何もできない自分」に愕然としました。やってあげよう!と意気込んでいた自分はどこへやら…日々メンバーさんや先輩スタッフから教えてもらうことばかりでした。
できないことを助けてあげることが仕事じゃない、いっしょにできることはなにかを探すのが私のしたいことなんだ!と気が付きました。メンバーさんといっしょにできること、寝屋川という地域の中でできること、いろんな可能性を探っては、ああでもない、こうでもないと奮闘しています。
できないことや嫌なことはみんなあります。そこに障害の有無は関係ありません。トライをたくさん重ねていける自分でありたいと思っています。

ある日の1日の仕事スケジュール

9:30 出勤
今日のプログラムについて、昨日のメンバーさんの様子などをスタッフと確認

10:00 プログラムの準備
精神障害のメンバーさんがこられる料理のプログラム
メンバーさんが来る前にレシピや材料を準備
材料は地元の商店街の八百屋さんやお肉屋さんでそろえます

11:00 プログラムスタート
今日は『ミートソーススパゲティ』
メンバーさんはもちろん、スタッフも一緒に調理します
ときにはメンバーさんから突っ込みが入ることも…(笑)
12:00にいただきます!調理の上達よりも「おいしく食べる」ことを大事にしています

13:00 プログラム終了
メンバーさんを見送り、午後のプログラムの準備をします

13:30 午後プログラムスタート
精神障害のメンバーさんとウォーキングやストレッチなど身体を動かすプログラム(午前とは違うメンバーさんが来られます)
今日は市内をウォーキングしました

16:00 プログラム終了!部屋を片付け記録をつけます

17:30 スタッフ全員でミーティング
それぞれの活動やプログラムの報告、メンバーさんの様子を話します

18:00 勤務終了!飲みますか!

エントリー

OFFICIAL SITE

NPO法人寝屋川市民たすけあいの会

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop