NPO法人ぴよぴよ会 の先輩職員紹介

質の高い支援と働きやすい職場環境

中島 裕貴

2018年入社 龍谷大学 文学部卒

座右の銘は『やるときはやる

大学時代は教育心理学を学び、個別指導の塾講師や、貧困家庭の子ども達を対象とした学習支援活動などに参加してきました。卒業後は予備校で勤務することになりましたが、学生時代から関心の高かった発達障害児童や生徒に対する支援に携わりたいという思いが高まり、ぴよぴよ会で働くことにしました。
スタッフ間の連携やメンバーに関する情報の共有が綿密なので、わからないことや不安なことがあればすぐに相談することが出来ます。勉強会や研修会もたくさんあるので、常に支援の質を高く維持することが出来ると思います。

ある日の1日の仕事スケジュール

10時に出勤し、午前は保護者面談、他事業所との担当者会議、利用者が通学している学校との情報共有会議。午後イチは他事業部とのスタッフミーティング。その後1時間休憩の後、夕方にお預かりする子ども達のための療育課題製作、15時頃より子ども達の療育。18時閉所の後、片づけ。
だいたいの流れが日々決まっていますが、勉強会や研修会の日は午前の会議が無かったりします。
あっという間に1日が過ぎ、充実した日々を送っています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop