社会福祉法人嬉泉 の先輩職員紹介

着々と積み重ねる日々。

渡辺 恭世

2013年入社 昭和女子大学 人間社会学部卒

座右の銘は『夢は叶えるためにある!

◆保育士として実際に社会人になりどう考えていますか?
こうなりたいああなりたい・・ではなく、今の現実(土台を固めること)にとても必死な入社1年目でした。
日々、こうしていけたらいいなという考え方が毎日めぐってくるようになり、仕事について明確な目標を考えられるようになりました。ここで働いて違う事業所の年齢層も職種も違うメンバーとの関わりが充実していて、勉強になります。皆すぐに仲間意識をもってくれるので接しやすく、相談もしやすいです。

◆これからについて
私は、小さいころから「療育をしたい!」とずっと考え続けてきました。現在は保育の職についていますが、今ではこの保育士という「経験」を大切にし、原点として持ち続けていきたいと思っています。

法人のココがおすすめ

同期について
嬉泉では同期入職する仲間が必ずいます。
事業数が多いので、自分の所属する事業所だけではなく、
横のつながりで仲間が最初の1日目からいます。
この仲間に、言えないことも言えるし、支えられています。勤務地が違い、それぞれに対象は違っても、「支援の中」での悩みを共有できています。

法人では、全体研修や行事が盛んでこういった仲間と顔を合わせることもあります。なので、つながっている仲間がいることで、悩みがあっても相談しあえる絆を大事にしたいです。もちろん、永遠のライバルでもあるから。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop