社会福祉法人南高愛隣会 の先輩職員紹介

利用者さんの笑顔は最大の癒しです!

野林 加奈

2018年入社 長崎国際大学 人間社会学部卒

座右の銘は『笑う門には福来る

大学では社会福祉について学んでいました。
福祉の分野で働きたいと思っていましたが、具体的にどの分野がいいのか決めかねていました。
そんな中で、罪を犯した障がい者・高齢者への支援や障がい者同士の恋愛を支援する取り組みなど様々な事業を行っている当法人を知り、興味を持ちました。
ジョブローテーションを通して、様々な現場を知ることができ、多角的な視点も持つことができます。
また、私は就職活動の際、職場の雰囲気や人間関係が一番気になりました。
しかし、そういった内側は実際に入ってみないと分かりませんよね…。
働いてみて、支援にはチームワークが不可欠だと感じます。職員間の良い関係は、利用者さんの支援でも活かされるものです。そういった意味でも現在の職場は、働きやすい環境だと思います!

ある日の1日の仕事スケジュール

【一日のスケジュール】
グループホームでの支援を行っています。昼間は利用者さんそれぞれの場所で活動をされているため、
ホームに戻られた夕方から翌朝の出勤時までの生活部分の支援を基本としています。

12:30⇒出勤
まずは、利用者さんの記録や申し送りを確認します。
現在紙媒体での記録ではなく、スマートフォン上で記録し共有しているため、日中活動の様子などもリアルタイムで確認することができます。

13:00⇒事業所の清掃、ミーティング、事務作業
サービス申請手続きの代行なども行っているため、事務的な業務も多くあります。
日によっては、利用者さんの病院受診の同行や外出の支援なども行います。
直接的な支援だけでなく、間接的にも利用者さんの生活をサポートしていると感じます。

17:00⇒グループホームで生活の支援
食事や掃除、服薬管理の見守りなど、生活全般の支援を利用者さんの特性に合わせてサポートをしています。

21:30⇒退勤
終わりの時間は遅いですが、朝はゆっくりなので気持ちにゆとりが生まれます!

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop