社会福祉法人この街福祉会 の先輩職員紹介

みんなちがってみんないい!

平林愛実

2018年入社 長野県福祉大学校 介護福祉学科卒

座右の銘は『一日一善

中学時代、障がいのある子どもの通う保育園でボランティアの経験をしました。そこでは、障がいの種類も個性も様々な子どもたちがとても楽しそうに過ごしていました。半日という短い時間のボランティアでしたが、そのボランティアをきっかけに、障がいのある子どもたちのこれからの成長や進路、どのような大人になっていくのだろうかという事を考えるようになりました。そこから障がいや個性も様々なら、進路もそれから先の生活も様々であるだろうと考え、地域で生活していくために必要な支援が出来る仕事に就きたいと思ったのが入社のきっかけです。
同じ福祉の仕事でも役割がそれぞれあります。働く上でどのような支援をしたいかで自分に合った職場は違ってくると思います。

法人のココがおすすめ

新卒でこの街福祉会に入社し、初めての仕事に不安な事も多くありましたが、この街福祉会はOJT研修という新人育成を実施しており、先輩職員とマンツーマンで日々の業務の振り返りや意見交換、それに対するアドバイスや指導をして頂ける機会が設けてあります。それによって自分の支援の反省や課題が明らかになり、目標を持って仕事に取り組んでいく事が出来ます。また、利用者さんの想いにも気付くことが出来、より理解が深まり関わりが楽しくなっていきました。
また、職員間の距離も近く相談しやすい雰囲気がこの街福祉会ではあるので、利用者さんの様子を話し合ったり、関わっている職員全員で支援していく体制が整っていると感じています。また、職員みんなが温かいので、仕事以外でも何でも話せる存在になっています。
解らないことも気兼ねなく相談する事が出来て、話し合うことで学びや気付きとなり、福祉職員として一歩前進する事が出来ます。仕事でうまくいかないことや失敗も必ずありますが、この街福祉会は職員全員で共に成長していける温かい職場です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop