社会福祉法人みずき福祉会 の先輩職員紹介

まだまだ出来る事がある。ひとつずつできるおもしろさ

浅羽 奈津美

2011年入社 淑徳大学短期大学部 卒

座右の銘は『大丈夫。出来るから。

福祉の仕事は、グローバルな仕事でも、大金を稼げる仕事でもないかもしれませんが、他の企業と何も変わる事はなく、今の社会になくてはならない大事な仕事だと思っています。
仕事の内容もただ介助をするだけの仕事ではなく、もっとおもしろいことが沢山出来るんです。みんなが活躍できる場を作りたいなと思って、利用者様がお客様をもてなすカフェを作りました。食堂を出来るだけ町にあるようなオシャレなカフェに近づけるようにと装飾をしたりして。
重い知的障害を持っている人も、持っている力を活かして社会と繋がる事が出来るようになる。まだまだ変えられることがたくさんある。無限の可能性がある面白味のある福祉のシゴトに興味をもってくれる若い人が増えるといいなと思っています。

ある日の1日の仕事スケジュール

9:30
出勤
出勤時間は様々ですが、9:30出勤の日は利用者様と散歩に出掛けたり、時にはOTPTへの相談や精神科のDrへ利用者様の状況を相談してアドバイスをもらったりします。
11:30
昼食
利用者様と一緒に食事を食べます。
14:00
活動に参加。音楽活動や作業に付き添います。
15:00
入浴介助。利用者様の入浴を行ないます。
17:00
夕食
利用者様の夕食の介助を行ない、その後少し休んでからお茶を提供し退勤します。
22:00
仕事の後
お風呂に1時間くらいゆっくりと入った後、趣味ではじめたレジンのアクセサリー作りを0:00までやります。徐々に色んな作品が出来るようになって、知り合いのカフェで販売もさせていただいています。

休みの日
趣味でアコースティックギターをはじめ、社会人のサークルに入って練習をしたりしています。この前はじめてライブにださせていただきました。
あとは、友達とランチに行ったり、買い物に行ったりとアクティブに動く日もあれば、まったく家から出ずにアクセサリー作りやギターの練習をして過ごす日もあります。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop