NPO法人寝屋川市民たすけあいの会 の先輩職員紹介

メンバーさんと一緒に経験!まずは自分が楽しもう!

中田大幸

2010年入社 龍谷大学短期大学部 社会福祉学科卒

座右の銘は『当たって砕けろ

突然ですが皆さん、障がいのある方と関わる仕事ってどんなイメージがありますか?利用者さんへのサービスの提供や、お食事やトイレのお手伝いを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、それだけで利用者さんの人生が豊かになったり、職員のやりがいに繋がるわけではないと思います。私たちは利用者さん(当会ではメンバーさんと呼びます)と職員(スタッフ)が一緒に経験してお互いが成長するということを大切にしています。そして何より、スタッフ自身が思いっきり楽しむことから始めます。メンバーさんに楽しいことを提供するのではなく、メンバーさんと一緒に楽しむことを私たちとしてみませんか?

法人のココがおすすめ

当会ではメンバーさん、スタッフ関係なく、関わる人全てが発信者であり主役です。誰かが何気なくつぶやいた一言や趣味、興味、アイデア等が拡がり、膨らみ私たちの活動になるのです。
今年の初めにみんなで紅白歌合戦をしました。きっかけは、米津玄師が好きなあるメンバーさん(以下Nさん)でした。Nさんは最近、集団で過ごすことが苦手になっていました。しかし、米津玄師の『Lemon』が流れると歌い出され、楽しく集団の中で過ごすことが出来ました。そんな折、紅白歌合戦に米津玄師が出場することが決まりました。そこでNさんが米津玄師になりきり、ビデオカメラとプロジェクターを使い、その様子を生中継をしようということになりました。他のメンバーさんも、紅白出場歌手になりきってイベントに参加しました。普段は楽しくイベントに参加することが難しかったNさんも、終始笑顔で参加できました。メンバーさんもスタッフも本気で準備したので、紅白歌合戦の再現度はすさまじく、みんな大爆笑でした。このイベントの企画者は紛れもなくNさんであり、主役もまさに彼でした。当会では障がいのあるなし、立場に関係なく誰もが彼のように主役になれるのです。

エントリー

OFFICIAL SITE

NPO法人寝屋川市民たすけあいの会

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop